横浜 注文住宅の住宅設計監理
お電話でのお問い合わせ

更新年月日:2020年8月25日

外断熱の家(鉄筋コンクリート造) : 住宅実例紹介

  1. ホーム
  2. >
  3. 住宅実例紹介

外断熱の家(鉄筋コンクリート造)

東京都大田区 ミタス一級建築士事務所が設計と監理を行った

RC造の外断熱の家です。


地下室は完全防音のオーディオルーム、

ご希望に合わせたインテリア提案、

ご要望以上の快適性を実現しました。


通常の工務店、ゼネコンでは難しい工事なので、

一流ゼネコン会社に依頼し、

最初は「戸建ては面倒だから嫌だ」と断られましたが


私が全て間に入ってコントロールするということで、

そのゼネコンに受けて頂きました。


工事中は、現場所長と現場監督の2名が

近くに現場事務所を設けて、毎日常駐で工事管理。


ミタス一級建築士事務所は、

監理スタッフにほとんど毎日現場に行ってもらい


写真撮影や問題点がないか確認し何かあれば私に報告、相談。

そしてポイントでは私が検査を行いました。


工事業者との定例打合せも毎週火曜日に朝から夕方まで、

丸一日掛けて行い続けました。


これには設計スタッフを2名参加させ、設計通りにいかに上手く施工するか

という点の話し合いが中心です。

難しい工事のため、一流のゼネコンといえども

工事はお任せというわけにはいかなかったのです。


建築家として、長期間スタッフと全身全霊を掛けた住宅となりました。

無事完成するまで、毎日何杯も飲んだコーヒーを断ち、お茶もアルコールも断ちました。


そして、完成して最初に飲んだのは、コーヒーですが、

シアトルのホテルの部屋にスタバのドリップパックのコーヒーが置いてあったので

それを持ち帰って手を付けずに置いていたのです。


そのコーヒーの美味しいこと。

スタバのコーヒーは、こんなに美味いんだ!と感激しました。

でも、その後、日本のお店で飲みましたが

あの時の美味しさを感じないのです。(^^)ゞ


話を戻して、

こういう住宅の仕事を経験でき、建築家としては大変うれしいです。


建築主との打合せもスタッフを含めて楽しく行うことができ

打合せからの全ての家づくりを、施主と一緒に楽しみました。


ページの先頭へ