横浜 注文住宅の住宅設計監理
お電話でのお問い合わせ

更新年月日:2021年9月4日

お住まいになった方の声 住宅リフォーム その2

横浜市青葉区美しが丘 H.H.様 から頂いた

完成1年後のコメント

テレビ、新聞等のメディアでリフォームの落し穴といった事がよく報じられますが

我が家に関しましてはお蔭様で全く不具合な所はありません。


地震にも強くしかも使い易い家にリフォームする事が出来ました事は

ひとえに清水代表はじめスタッフの方々の努力と誠意の賜物と深く感謝致しております。


築30年の家も過去に二度のリフォームをしたとはいえ、

目に見えるところの不具合や傷み、見えないところの基礎や構造などに大きな不満と不安を抱いていました。


それが信頼できる建築士さんに出会ったことで、

長年頭に描いていた「あーしたい、こーしたい」はほぼ完璧に近くできあがりました。


もちろん資金には限りがありますので折り合いをつけたところも沢山ありましたが、

住んで一年たった今では幸福感を享受する毎日です。


春、リビングから観る庭の満開の桜。夏、青葉の繁り。秋、紅葉の移ろい。

そして、冬、富士山と丹沢をシルエットにして西の彼方に沈み夕日の美しさ、

それらを一枚のガラス窓から眺める、まるで一幅の絵のような光景に感動しています。


檜の床は陽に当たり少しずつ色を変えながら艶を出してきました。

杉材の天井と室内はさながら森林浴の味わいです。


自ら一所懸命に塗った珪藻土は素人っぽさが逆に味わいを感じます。

この家造りに私も参加して「あの時は本当に大変だった。

肩も凝ったしここは細かいからちょっと嫌になったのよね。」


なんて・・・。でも、職人さんたちと一緒にお茶をして仲間に入れてもらった、一番の楽しい思い出です。

アイランドキッチンのアルゼンチン産の御影石は油汚れもさっと拭けてほこりが目立たない、


いつも天然石の光を放ち存在感があります。

年末のお節はこのカウンターを囲んで娘や孫たちと料理を愉しみました。


そして、なんといってもリビングにデーンと鎮座するノルウェー製の薪ストーブ!

炎の揺らめきを眺めながらの生活は贅沢のただ一言につきます。


原油高のこの時代、暖房がこれ一台でほぼ賄えるのは本当にありがたいことです。

薪はご近所の庭から伐り出された枝や団地の桜や欅など造園会社からいただいていますので、

薪代はかかりません。


大量に出る灰は、ご近所に配って寒肥として喜んでいただいています。

又、今年は昨年より寒く何度か雪に降られましたが、

ひとしきり降る雪を暖かい薪ストーブ越しに眺めては、少しばかりの田舎暮らし気分を愉しんでいます。


いつか、直したいと思いながらの数年、

行動に移して出来上がるまでの一年、何か随分遠い昔だったような錯覚がします。


今は惚れ込んだ清水さんに出会えたことに感謝しています。


※お手紙で頂いた原文です。


☆  清水です。お手紙を頂き、どうもありがとうございました。


珪藻土の塗り方実習に、ご一緒に参加させて頂きましたが、

本当に最後まで、ご自身で塗り終えられたのには驚きました。


住まいながらの住宅リフォームはストレスが溜まったと思いますが、

いつも笑顔で前向きに対応して頂き、工事中も楽しく過ごすことができました。


完成後も楽しみながらお住まいの様子で、何より嬉しいです。

また、お伺いすることを楽しみにしています。

ページの先頭へ