横浜 注文住宅の住宅設計監理
お電話でのお問い合わせ

更新年月日:2019年6月27日

2019年06月12日

フィレンツェ滞在の選んだのは

なぜイタリアに?フィレンツエだけに滞在?と聞かれます。

いくつか理由はありますが、

・ルネッサンス発祥地の息吹を実際に肌で感じてみたかった

・石の文化、建物を感じてみたかった

・大天才ダビンチの生家を見て何を考えて過ごしたのか想像してみたかった

・小さな街なので、中心街は数日あれば歩いて廻ることができる

・モダンとクラッシックの棲み分けを感じてみたかった。

私自身へのインプット、収穫はおおいにありました。

木造とは別に、組積造で300年住宅を研究してみたくなりましたし、

帰国後既にその第一歩を踏み出すことになりました。

現地では、もともとは日本人で結婚してフィレンツェに住まれている

通訳ガイドの山川さんにお願いし、現地案内はもちろん通訳や交渉、

ハイヤーをチャーター手配してもらったり、

現地の設計事務所でインテリアコーディネーターとして働いている日本女性や

イタリアの建築家とも会って話を聞けるようセッティングしてもらいました。

山川さんのお陰で私は密度濃く、時間を有効に使えましたので、頼んで非常に良かったです。

ガイド費用も安かったので、そのホームページも紹介しておきましょう。 

https://www.firenzeweb.net/index.html

有名な建物は、ここで私が紹介するより鮮明な写真も解説もガイドブックや書籍がたくさん出ているので省きます。


ページの先頭へ