横浜 注文住宅の住宅設計監理
お電話でのお問い合わせ

更新年月日:2021年9月4日

  1. トップページ
  2. >
  3. よくある質問

Q. ミタスと他の設計エ事務所の注文住宅とどこが違うの?

設計事務所の良さは、ご自身のご希望に合わせてプロが、
あなただけの住宅を一品ものでそれを叶えてくれることでしょう。

確認しておいた方が良いのは、設計事務所といっても、様々です。
住宅系もあればマンションビル系もあります。
構造計算だけを専門に行っているところもあれば、

業者の下請けで建築確認申請の書類や図面を専門に行っているところもあります。
もし、あなたが住宅を頼みたいなら、やはり住宅を専門に、
しかも設計だ けでなく、

しっかり監理も行っているところを選択したほうが良いのではないでしょうか?

設計事務所に依頼することの最大のメリットは、
設計や監理と造る業者が完全に別であるということです。
これが、実は良質な住宅を創るためには最も大切なことだと思います。

これが同じ業者では、造る側の立場で設計し、
造る側の立場で造ってしまうからです。

カナダではこれが法律で定められていました。

設計事務所、一級建築士事務所という名前が付いていても、
工事をする業者が決まっていて選択の余地がない、
もし希望の業者や工務店にして欲しくても認めてくれないという場合は、

本来のメリットが半減します。
それどころか、兄弟会社で工事をするということもありますので、
こうなっては完全に同じ会社ですか ら、工務店やハウスメーカーとの差はなくなってしまいます。

もうひとつ気を付けたいのが、
その設計事務所が意匠だけを優先していないかどうかです。
意匠や構造、快適性、耐久性のいずれも兼ね備えた

素晴らしい設計をする設計事務所も多いですが、
作品としての見映えばかりに意識が行き、
構造や断熱性能、耐久性、快適性などがほとんど考慮されていない
設計の場合もあります。

ミタス一級建築士事務所が他の設計事務所と異なるのは、
意匠の前に、

構造、断熱性能を含めた快適性、耐久性、健康面を前提とした3次元空間
としての住宅の 設計を行うことです。

このため、ハウスメーカーや工務店などと比べても明らかに
空間的な演出がなされているのですが、

意匠を最優先する設計事務所と比べると、デザイン的に物足りないかもしれません。

その他のことは目をつぶっても、
とにかくデザインだ~というかたは、設計事務所も見つけやすいでしょう。
ホームページで作品などを見てご自身の好みに合いそうな設計事務所に頼めば良いのです。

ミタス一級建築士事務所で設計したくないのは、

鉄筋コンクリート造の内外打ちっぱなし仕上のように断熱性が劣悪で、
冬に暖房を入れてもコート着ながら生活 しなければならないような住宅
(有名建築家であります)、

デザイナーハウスで格好が良くても雨漏れが当たり前のようにしている住宅

全面ガラス張りの暑くて寒い住宅
(いくらガラスの性能が良くなっても温熱環境的に快適にはなりません)、

外見の格好が良くても大変使いにくい住 宅や耐震性に劣る住宅、

耐久性のない住宅(現在の多くの住宅が残念ですが、これにあてはまります)、

断熱性能が劣る住宅です。

というような住宅は、
意匠を最優先して建築家として格好の良い自身の作品を創りたいという、
依頼者のためというより建築家としてのエゴが出すぎているのではないかと、

ミタス一級建築士事務所は考えています。

依頼者がそれを望んでいれば、それを実現してくれる素晴らしい設計事務所
ということでそれはそれで良 いのですが、

ミタス一級建築士事務所ではお受けしません。

また、こういう設計事務所は工事中のチェックはほとんど行きませんし、
行っても指摘できない、または現場を理解していない指導も指摘もできない
若いアシスタントに行かせています。

設計でいくら良い設計をしても現場でどのような工事をしているかわかりません。
黙っていて、隠れる内部まで本当に良い工事、
または正しい工事をしている工務店やハウスメーカーを私は見たことがありません。

そのため、他の設計事務所と決定的に違うのは、工事中の監理にこだわることでしょう。

もし、あなたがミタス一級建築士事務所のように工事中の監理にこだわり、
工務店や職人に指導してくれるような設計事務所に依頼したいなら、
今ままでの物件 の工事中の写真や、業者に指摘した事項、

指導して手直しさせた前後の写真を見せてもらえばわかるでしょう。
何が間違いやすいのか、どこがポイントで、

必ず 現場のチェックにいく事項は?

そしてその写真は?と質問すれば、

素人でもどの程度のものか感じることができるでしょう。

ミタス一級建築士事務所では、
一軒の家が仕上がるまでにどんなに少なくても1,000枚、
多ければ6,000枚程度の工事中の写真を撮っています。

こうやって真剣 にチェックし、
指導していかないと、同じ職人、同じ現場監督で何度繰り返しても、
黙っていればやはり満足に出来ないのが現状です。

ミタス一級建築士事務所が他の設計事務所と異なる点は、
簡単に言えば、ミタス一級建築士事務所を必要としている依頼者のために
住宅の性能的な部分を含めた 品質にこだわる、それを実現するための観点で設計をし、
監理をするということでしょう。

ミタス一級建築士事務所でなくても、
あなたの希望にあった設計事務所は、探し当てるのは難しいでしょうが
必ずあると思います。
ページの先頭へ