住宅実例紹介

     漆喰の家 増築編

以前新築した 漆喰の家 を増築しました。

1階に応接間を設けて、主寝室をもうひとつ造りました。

その上階は、広いルーフバルコニーです。自然に囲まれた感じで気持ち良いです。

1階のローカに光を取るために、ルーフバルコニーにトップライトを設けています。

ルーフバルコニーはメンテナンス性を考えて、FRP防水ではなく金属葺きの床としました。

その上に素足でも歩けるように仕上げ材を並べています。

玄関の幅を45センチ広げています。前回の玄関ホールの写真と比べると

デザインは変更せずに少し広くなったのが、お分かりになると思います。

玄関ホールには、以前も出窓を設けて、その窓からさりげなく

下部の外構が見えるようにしましたが

今回は、窓から外壁を飾った装飾を見えるようにしています。

写真が9枚で説明不足なので、もう少しだけ  専用ブログに写真 をアップしました。

     リゾートマンションのリフォーム

海が目の前にあり富士山も見える、永住型のリゾートマンションの全面リフォームです。

和室とDKでしたが、ワンルームにして、水廻りはあまりコストを掛けずにリフォームしました。

設計前には、床を一部剥がして高さや内部の状態を確認してから細かく現場で指示を出しました。

床材は、もちろん無垢フローリングです。

既存の状況や工事中の写真は、下記の専用ブログにアップしています。

https://blog.goo.ne.jp/mitasu/d/20180508

     三軒茶屋の学生アパート

以前に行った三軒茶屋の学生アパートの全面リフォームです。狭いスペースの学生単身者用ということで、内部は思い切った提案となりました。
こういうリフォームのときには、耐震補強と老朽化の手直しを徹底的にすべきです。完成後は好評のうちに、あっという間に入居が決まりました。

三軒茶屋にある築18年の学生アパートの全面リフォーム依頼がきました。外壁を含めて化粧のやり直しと内装の全面改装です。私は建物を拝見して、「外壁も含めてすべて剥がしてやり直さなければ、私は設計しません。おそらく内部は腐っており、耐震性も耐久性も問題があります。この状態で多額の費用を掛けるなら、徹底的に内部も手直しすべきです。」と申し上げました。

大きさを変えることは、外部は平面的も立面的も法規上できないのが残念でしたが、快適な部屋とするために考えてみました。
従来は僅か5帖前後のスペースに玄関、ユニットバス、トイレ、洗面台、流し台をすべて含んだ部屋であることと、学生の単身者用の部屋のため、次のような設計提案をしました。床は本物の大理石敷き、透明ガラスのシャワーブースで浴槽無し、タンクレストイレも露出でこれらはロールブラインドを念のため目隠しとする、低くてもロフトスペースを設けてベットスペースや収納スペースの確保、バルコニーはウッドデッキで最大限に確保する。

オーナーが、私が出演した大改造劇的ビフォーアンドアフターの番組を見て依頼希望されたこともあり、すべて任せるということでOKを取ることができました。

解体してみると、下記の写真のように予想通り構造体の腐朽はひどいものでした。すべての耐震補強と腐った部分の入れ替えで、地震にも強くて快適な部屋に生まれ変わりました。学生相手にもかかわらず3月25日に完成という悪条件のなか、募集後1週間以内にすべての部屋の入居者が決まりました。

     トイレに行けない家

「劇的!大改造ビフォー&アフター」作品

TV「劇的!大改造ビフォー&アフター」に出演してリフォームした家平屋で15坪の家ですが、収納や動線を含めてほっとする楽しい家になりました。
完成後も何度か突然遊びに行きましたが、物が溢れることなくすべてきっちり収納され、たくさんある床下収納も有効にお使い頂いています。

     海が見える家

葉山御用邸近く、ご趣味も陶芸や日本画などの趣味はもちろん、仕事は引退されましたが、とても素敵なご夫婦の家です。
2階からは海や富士山も海も良く見えます

     吹抜けの家

木造住宅(在来工法) 地上2階+ロフト

1階のダイニングの上が吹抜けていて、さらにロフト階まで吹抜けが続いています。

上部には、プロペラファンがついていて、冬でも1階の床暖だけで、余程寒い日以外は暖房は不要とのことです。

リビングは落ち着かせるために通常の天井高で、その高低差によりダイニングの吹抜けの快適性をより増しています。

写真の枚数の関係で、下記のミタス専用ブログに別の写真も載せています。

https://blog.goo.ne.jp/mitasu/d/20180503

     外断熱の家

木造住宅(在来工法) 地上2階+ロフト

1階のダイニングの上が吹抜けていて、さらにロフト階まで吹抜けが続いています。

上部には、プロペラファンがついていて、冬でも1階の床暖だけで、余程寒い日以外は暖房は不要とのことです。

リビングは落ち着かせるために通常の天井高で、その高低差によりダイニングの吹抜けの快適性をより増しています。

写真の枚数の関係で、下記のミタス専用ブログに別の写真も載せています。

https://blog.goo.ne.jp/mitasu/d/20180503

     漆喰の家

築13年のまだ新しい家を壊し、どちらかといえば小さめの住宅ですが、見える部分はもちろん、石膏ボードはすべて2重張りなど、見えない部分にも、細部までこだわった快適な木造住宅です。

「すべてに関して満足しています」と日本だけでなく世界中を超VIPとして活躍されている施主にご入居から6年経った今でも、お褒め頂いています。

     大きな多目的ホールのある家

新築 木造2階建て 横浜市青葉区

リビングとは別に共有スペースの多い家です。

1階の玄関ホールからつながって大きなホールがあります。

この場所は、みんなでワイワイがやがやパーティーできるようなイメージです。

1階の個室3部屋と、2階の主寝室は、最小限で小さめです。

ご家族みんなで、またお子様が友人たちを連れてきて、部屋に閉じこもるのではなく、

遊びやコミュニケーションの取れる家をご希望でした。

     ブリッジのある家

新築住宅 木造在来工法2階建て

いつもそうですが、構造材や床材などすべて無垢の乾燥材を使っています。

1階や2階の子供部屋はナチュラル色の床材、2階の主寝室はダーク色の床材です

大きな吹き抜けとそれを通るブリッジのようなローカがあります

玄関は、入ってから家族用のスペースを吊り引き戸で仕切って、

ウォークインスペースから入れるようにしています。

ダイニングに大きな本棚やカウンタースペースを設けて日常の中心になるようにしています