ホーム> ブログ > バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

昨年はフィレンツェでルネッサンスの息吹と石造りの文化を感じに行きましたが、今年2006年4月にはカナダのバンクーバーへ住宅の視察に行ってきました。

戸建ての工事中、完成直前、入居中の物件や街並みや外観、高級マンションの完成直前の物件などを見学してきました。写真は600枚以上撮影していますが、容量が重くなるのでそのうちから最小限の写真を選んで紹介いたします。

但し、私はバンクーバーの住宅をすべて理解しているとは思っていませんので、コメントに関しては私の主観的な考えと判断によるものが多いと理解してください。

出張前には友人の久嶋氏に、現地ではバンクーバーで14年間開発の仕事を続けている岡本氏や建築技術者の松原氏にお世話にもなり現場も案内して頂きました。

またバンクーバーでの、30年間もの長き生活を通して北米住宅の普及に力を入れている三好氏にいろいろ案内して頂くことができました。今回私が多くの住宅を見学できたのも、三好氏に案内して頂いたからです。大変お世話になりました。改めてお礼申し上げます。三好氏のホームページもありますので紹介しておきます。
https://www.homes3000.ca/index.html

岡本氏のお話は居酒屋で簡単にお聞きしただけでも、NHKのプロジェクトXに出てきそうなくらいの決断に追い込まれてからの孤軍奮闘もあり、感動で涙が出るほどがんばり続けている様子でした。遠くない将来に、日本でもその手腕を発揮してもらえるような気がします。

ホテルは、今回滞在中に3箇所移動してみました。バンクーバーには5つ星ホテルが2つあるとのことで、そのパンパシフィックホテルとサットンプレースホテル、またバンクーバーの象徴的なホテルと言われているフェアーモントホテルバンクーバーに滞在しました。これらも簡単に紹介しておきます。
 

バンクーバーの住宅事情!

住宅地外観

北米らしいデザインが多いのは当然として、2×4工法の壁式のデザインと構造計算したと思われるラーメン構造に近い考え方の建物も珍しくない。屋根は、アスファルトルーフィングか杉板(レッドシダー材)が多く、外壁もサイディングは杉板である。高級別荘地、郊外の大開発の住宅地なども見学した。

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

 

バンクーバーの住宅事情!

北米住宅工事中

バルコニーの防水、地下室の防水は簡単なものが多かった。三好氏の話から、雨風が日本と比べて少ないため問題にならないないと私は理解した。外壁内部の結露対策は、やはり日本と異なり、かなりしっかり行われていた。外壁合板が横張りになり、隙間をしっかり空けていたし、合板の継ぎ目のない部分は、丸い穴を開けていた。日本では、横張りや隙間を空ける張り方は認めてくれない。外壁合板に結露防止用のの穴開けは、私がリクエストして驚かれていたものが、こちらでは当たり前のようにしてあった。

石膏ボードの材質の違いを三好氏は強調していた。カナダと日本とでは同じ石膏ボードでも、材質が異なりその結果、火災や防音面でもその差が生じるとのこと。日本ではドライウォールを行うとヒビが入りやすいのだが、こちらではなぜ入らないか不思議であったが、
その理由の大きな1つであるようだ。建築技術者の松原氏も石膏ボードに関しては同じようなコメントをしていたが、大きさも様々用意されている。
長いものは約4.8メートルもあり、ケースバイケースによりジョイントが入らなくて済む。

建築確認申請を出すときに義務として工事費の1%を支払って、役所(第三者)の検査を受けることになるが、住宅のひと現場で再検査や検査を分けて行う場合も入れて10回~15回程度とのことであった。項目を聞いてみると私が普段検査で行っている検査項目よりポイントを絞っている。細かい検査基準については、検査員に任せ、構造面は設計者の責任を問うというような印象を受けた。しかし、日本で第三者の立場で検査を15回も行ってくれるところは聞いたことがない。再検査もしかっり行われるようだ。さらに、設計者と工事業者は同一のライセンスを持たないとのことで、必ず設計と工事は別々になり、設計責任、工事責任を問われる。これが大きく日本と異なるところであり、重要なポイントである。

設計と工事が一体では、施主の立場に立った良質な工事はできないとミタス一級建築士事務所がポイントとしていつも叫んでいるところでもあるが、バンクーバーではそれが当然なのである。築60年の普通の住宅が何の不安もなく、美しいままで建っているのが羨ましい。

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

 

 

バンクーバーの住宅事情!

完成直前の北米高級住宅

完成直前の仕上げ工事中の物件を見せてもらった。海へ歩いて降りることができ、プールも川もある豪邸でした。

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

 

 

バンクーバーの住宅事情!

築60年の居住中の北米住宅

増築を行っているが築60年でも手入れのなされた住まい。日本の住宅もこうありたい。左下の写真は広い地下室である。

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

築8年の居住中の高級北米住宅

山の中腹にある住宅。地下室はもちろん、ゲストルーム、ティーラウンジ、リビング、客間と広さも羨ましい。

<div class="contents-centerbox clearfix"> <div class="contents-3column"><img data-cke-saved-src="/cgi-bin/mt/mt-static/plugins/CKEditor/template/images/sampleimg.jpg" src="/cgi-bin/mt/mt-static/plugins/CKEditor/template/images/sampleimg.jpg" width="180" /> <p>テキストテキストテキストテキスト</p> </div> <div class="contents-3column"><img data-cke-saved-src="/cgi-bin/mt/ src="/cgi-bin/mt/

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

 

 

バンクーバーの住宅事情!

高級マンション

海沿いの高級リゾートマンション。最上階は2戸だけでワンフロアーを占めている。

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

パンパシフィックホテル

5ツ星ホテルで、最上階の一つしたの海側の部屋をリクエスト。このホテルに一番長く滞在しました景色や設備は良かったですし、リクエストをすれば予想以上の対応を素早くしてくれました。逆にリクエストしなければ最小限のサービスで余計なことはしないという文化性も感じることもできました。。部屋内の写真が歪んでいるのは、広角のパノラマを3枚合わせにして180度の視界にする新しいデジカメを購入したしたのですが、三脚を使わなかったので、歪んでしまい失敗。帰国するまで気づきませんでした。

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

サットンプレースホテル

ここも5ツ星ホテルで、ハリウッドスター御用達!と聞いて、思い切ってラージスイートの部屋をリクエスト。ベットに入っても、何かバラの花のような香りがほのかにして、バンクーバーに来て初めて朝まで熟睡できました。次回来るならまたこのホテルを指定するでしょう。インテリア的にも学ぶところがあり良かった。

イタリアフィレンツェ画像

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

バンクーバーの住宅事情!

 

 

 

バンクーバーの住宅事情!

フェアーモントホテルバンクーバー

歴史的にもバンクーバーを象徴するホテルと聞いて、このホテルにも滞在。部屋にはこだわりませんでした。団体客が多過ぎて落ち着かない気分でした。ホテルのバーも利用し、内装からもヒントをもらいました。

イタリアフィレンツェ画像

 

イタリアフィレンツェ画像

 

イタリアフィレンツェ画像

 

イタリアフィレンツェ画像

 

イタリアフィレンツェ画像