ホーム> ブログ > 新築

ユーザーコメント

お住まいになった方の声  新築 その 10

横浜市港南区 H.S 様 から頂いた
ご入居1年5ヶ月後のコメント

横浜市港南区 H.S様

入居して1年半近くになります。
 
最初に清水先生にお会いしたのは、8年前の秋のセミナーでした。
この頃はまだ家を建てたいなぁというおぼろげな希望しかなく、清水先生に頼めばいい家が建ちそうだなぁという印象でした。
 
また、妻が無類の?寒がりであるため、家を建てるなら暖かい家が欲しい、というのが一番の希望でした。
 
その後、ハウスメーカーや工務店、他の設計事務所を色々と調べていくうちに、施工と設計・管理は分離していることが重要で、特に管理が重要であるということが分かってきました。
 
このため、設計事務所に依頼したいと思い始め、色々な設計事務所の話を聞きましたが、デザイン重視の設計事務所は多いのですが、断熱の重要性について詳しく説明されている設計事務所はありませんでした。
 
そして、HP上でも断熱や耐震について詳細に説明されているミタス一級建築士事務所殿(以下ミタス殿)にお願いしたい、とミタス殿に戻ってきた?のでした。
 
しかし、並行して進めていた土地探しも、当初考えていたよりも多くの予算が必要であることが分かってきました。
 
ミタス殿にお願いしたいが、予算的に厳しい、どうすれば良いだろう、と悩んでおりました。
 
そんな折り、ミタス殿でコストを抑える点についても検討しているというお話があり、色々とお話しを伺いました。
 
色々と悩んだ末、やはりミタス殿に依頼するのが一番という結論になり、生活費の見直しも含めて総予算も見直して、ミタス殿にお願いすることとしました。
 
いくつかの土地で具体的なアドバイスを清水先生から頂き、最終的に今の土地でミタス殿に依頼することが決まりました(1月に設計監理契約、翌年3月に工事請負契約)。
 
設計に関する清水先生やスタッフの方々との打ち合わせは、自分達にとっては非常に楽しい時間でした。また、子供達が退屈しないようにと、お絵かきグッズ等も毎回用意して頂き、大変助かりました。頂いた紙ではなく、事務所のソファにまで書いてしまってご迷惑をおかけしたこともありましたが、いつも笑顔で対応くださり、本当に助かりました(本当にありがとうございます)。
 
設計も大詰めの3月に、清水先生からロフトの高さを上げたいとの提案がありました。ロフトの高さを上げることで使い勝手がかなり良くなるとのことでした。
しかも、既に予算オーバー気味であったため、変更に伴う費用はミタス殿で負担するというものでした。大変ありがたいお話であり、正直大変驚きました。このとき、ミタス殿は本当にユーザの立場で考えてくださっているのだなぁと、改めてミタス殿にお願いして本当に良かったと思いました。
(この部分について公開することに問題があれば、削除修正願います。)
 
実際に工事が始まると、頻繁に現場に行ってチェックをして頂き、その結果についても、都度メールにてご連絡頂き、とても安心することができました。
 
実際に引き渡しのときは、嬉しい反面、寂しい気持ちもあったくらいです。
 
実際に住んでみたところ、本当に快適です。和室続きのリビングは、エアコン一つで、妻も快適に過ごしております。昔建売の借家に住んでいたことがありますが、冬は底冷えして、妻はずっと体調を崩していたのですが、底冷えすることなく、マンション並みの暖かさです。しかも以前住んでいたマンションのような結露もありません。
 
昨年の冬の大雪のときには、子供がウッドデッキに積もった雪で本当に楽しそうに遊んでいました。家族皆本当に楽しく快適に過ごしております。
これも皆、清水先生をはじめスタッフの方々、工務店のスタッフの方々のおかげです。
 
先日1年点検もして頂きました。これからも長いお付き合いとなるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

P.S 清水先生や○○さんはもちろん、とても気に入っているインテリア(特に父寝室や和室)をコーディネートして頂いた△△さん、詳細
な現場確認を伝えて下さったスタッフの方々等、書ききれていない部分も多々ありますが、皆様によろしくお伝え頂ければ幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。

※○○、△△以外、すべてメールで頂いた原文のままです。

☆  清水です。以前に行っていたセミナーにお越しになっていたことは、かなり経ってから気づきました。

土地の段階から参加させていただいておりましたが、
隣地の擁壁の問題や工事予算など苦労しましたが、ミタス一級建築士事務所を全面的に
信じて取り組んで頂いていましたので

スタッフには、
「損得を抜きにして、ミタス一級建築士事務所として納得できる住宅を提供するために何ができるかが大切」
と伝えながら、検討していきました。

そのため、予算とご希望から、平屋にロフトで提案してご了解いただきましたが、使いやすさを考えてロフトの天井を勝手に高くして、2階建てとして申請し
工事費用のアップも工務店に交渉して、実費アップ分だけに抑えて費用負担をさせていただきました。

気付いていらっしゃるユーザーと気付いていらっしゃらないユーザーもいるでしょうが、すべての方に同じようなことをしています。設計上は同じであっても、見えない部分の改善や、負担してより良くやり直させたり、現場に何度も通っていますので、工事中に実は、いろいろさせて頂いています。
業者のミスを責めてやり直させる場合もありますが、勘違いしても仕方がないという場合などは業者に責任を押し付けずミタスが負担して行っていることは、珍しくないです。

点検時、1年経ってお伺いしても、小さなお子様がお二人もいらっしゃるとは思えないくらい、きちっと整理されていてお使いいただいていたので、スタッフとも感心していました。

毎回の打合せは、スタッフも楽しく打合せさせていただいておりました。
特にインテリアスタッフは、早く私も参加したいと、プラン打合せの段階から事務所でつぶやいていました。

次回、またお伺いできますことを、楽しみにしております。

ユーザーコメント

お住まいになった方の声 新築 その 9

横浜市戸塚区 M.K 様 から頂いた

ご入居1年1ヶ月後のコメント

横浜市戸塚区 M.K

ミタス一級建築士事務所と私たちとのメールのやりとりが大変な数になっていると、6月の上棟式で先生にご挨拶いただきました。

ミタス一級建築士事務所との家づくりはそれだけ充実しており、何より本当に楽しかったです。

住み始めてちょうど1年、四季を通じて過ごしました。
実際に住み始めれば反省点があると思っていましたが、未だにありません。

これも膨大なメールと綿密な打合せの成果でしょうか。

吹き抜けとトップライトによる開放感とやわらかい光は、1Fリビングをとても居心地の良い空間にしています。

リビング・ダイニングから見渡す漆喰の壁は、先生のブログで何度も取り上げられていますが、塗りパターンがとても丁寧な印象で飽きが来ません。

風通しも抜群で、窓を開けることで、夏は2Fの方が涼しい日が多かったような気がします。

動線も申し分ありません。洗面所を2階ベランダに隣接させたことで、起床してから身の回りの準備と、洗濯物を洗濯機から取り出してベランダに干すまでの動線が短く毎朝助かっています。

そして、コンセントの位置も絶妙(笑)

子供達もこの家が大変気に入っている様子です。
特に階段付近の空間がお気に入りのようで、ダンボールで基地を作ったり本を読んだりしています。
親の強い意向でクリスマスツリーに占有される時期もありますが、それはそれで楽しんでいるようです。

振り返れば、ミタス一級建築士事務所とは、土地を探し始めた頃からお付き合いさせていただきました。

当時は、家を建てる決心はしたものの、何をし始めたら良いかわからず、インターネットで調べていたら、偶然ミタス一級建築士事務所を発見しました。

記事は、私のような素人でも大変わかりやすく、面白かったので、家づくりに対する不安は解消されました。
そして、設計監理に対する想いや、快適性を常に追求し続ける姿勢は、一緒に家づくりできたら心強いだろうと思いました。

土地は、2年前から探し始め、アドバイスいただきながら3物件目で購入することができました。

そういえば、更地状態の新しい住所に年賀状を送っていただき、見事に事務所に返送されたことがありましたね。
それは、私たちの住まいに並々ならぬ想いがあってこその行動だろうと解釈しています(笑)
土地の購入後、いよいよ設計に進んでいきますが、その前に驚いたのが、設計監理契約書の内容でした。

わかりやすい!
契約書といえば、素人には理解しきれない言葉が小さい字で並べられている、無機質なイメージが強かったのですが、私たちの予算を例にした費用の内訳や、考えられるリスクを交えながら、分かりやすい内容で書かれていました。

プランに対する要望は、・家族が共有で使える勉強コーナが欲しい

・リビングとダイニングの空間は微妙に離したい
・どこかに吹き抜けが欲しい
・玄関は家族用の玄関を併設して、いつもすっきりさせたい。
・小さくても良いからパントリーが欲しい
・できれば天窓が欲しい

というもので、あとは気に入った施工写真をお伝えしたぐらいで今考えても具体的な要望はあまりお伝えしてなかったような気がしますが、清水先生のプランは、すべての要望が入っていたのは驚きました。

ダイニングには勉強コーナーと、天井まで続く本棚を設置し、リビングは、吹き抜けと階段エリアを上手く組み合わせて開放感と寝室まで続く通路を渡り廊下のように演出。
空間の使い方にとても感動しました。

実施設計でもそうでしたが、事務所での打合せの場でボソっと言ったことを丁寧に拾って設計書に落とし込んでいただいた印象が強いです。なので、事務所での打合せは、更新された設計書を拝見するのがとても楽しみでした。

設計が終わって、工事に入ってからは、事務所での打合せがなくなり、寂しい気がしましたが、工事期間中は見学で楽しませていただきました。

監理報告は、こまめにいただていましたので、予め見所をおさえて見学できましたし、工事の後半は、前回の見学から変わった部分を探すのも楽しみでした。

施工業者の方からは「こんな太い鉄筋は滅多に使わない。いい家になる」、検査機関の方からは「とてもしっかりした造りですね!これはすごい」、両親からは「良い設計事務所に会えたね」、そして当時4歳だった子供からは、「早くこの家に住んでみたい」。

身近にいる人だけでなく、専門家からも評価されるのは、素直に嬉しいです。

住み始めてちょうど1年経ちますが、前述したように毎日が快適に過ごしています。妻とは、「また家を建てることがあっても、今と同じ家になるね」なんて話しをしています。

まとまりのない文章で恐縮ですが、清水先生や、ミタス一級建築士事務所のスタッフの方はじめ、施工業者の皆様には、感謝していることが伝われば幸甚の至りです。

最後に、居住2年目の抱負ですが、残念ながら予算カットの対象となった外構の緑化をなんとかしようと思います!

※メールで頂いた原文のままです。

☆  清水です。ご入居後に、スタッフと毎回楽しく打合せをしていたときのことを
思い出しました。

また、土地も何度か拝見しましたが、最後は良いところに出会いましたね。

上棟式で、そんなこと言いましたかね? (^ ^;
詳しく打合せして設計しているので、しっかり工事をよろしく
と職人さんに向かっての発言だったのでしょうね。

完成後と、先日の点検のときも、お喜びの声を頂き、スタッフとも喜んでいました。
夏涼しく、冬暖かい、これは設計だけでは実現できないもので、監理をしっかり行って初めて
実現できるものです。お渡しした監理報告書の内容にも、喜んでいただき、ありがとうございました。

次回、またお会いできますことを、楽しみにしております。

ユーザーコメント

お住まいになった方の声 新築 その8

横浜市青葉区 T.K 様 から頂いた

ご入居1年3ヶ月後のコメント

横浜市青葉区 T.K

  
 昨年7月に引渡しを受け、新居での生活が始まってから、もうすぐ一年三ヶ月になります。

さかのぼれば3年前の6月にそれまで住んでいたマンションの近所に建築条件なしの土地を見つけ、ミタスさんに相談したのが最初です。

ミタス一級建築士事務所のことは、以前にホームページを見つけて、清水先生の膨大なコメント、特に施工管理をしっかりしないといい家はできないというご意見を読んで、ずっと気になっていて、家を建てるならこんな設計事務所に頼みたいと思っていました。

不動産会社に紹介されたハウスメーカーからも提案を受けていたものの、清水先生と何度かメールでやり取りさせていただき、最終的に「ハウスメーカーよりミタスの方が、同じプランなら、設計費用等を含んでも安くなることが多い。

プランは同じでも素材や断熱などはミタス一級建築士事務所の方が当然上」
という言葉におされ、遂にハウスメーカーの熱烈な営業を振り切って、設計契約したのが2011年8月でした。

その時点では、ハウスメーカーのそれなりに魅力的なプランが出ていた一方、契約までは具体的なプランを見せてもらえるわけではなかったミタスさんはゼロからのスタートで、どうなるか心配な面もありましたが、二度目のプランを見せていただいた時点で、懸念は解消しました。

基本的には、一階に個室を配置し、二階をリビングやダイニングを共通の場として、できるだけオープンな空間にするという希望だったのですが、

清水先生のプランは、一階に単に個室を並べるのでなく、玄関正面に吹き抜けのホールを設けるというもの。

最初に見たときは、床面積が限られている中、ホールというのは贅沢でもったいないと思いましたが、ピアノをそこに置き、単なる通過点のホールでなく第二のリビングと考えれば、個室より共用スペースを重視したいというこちらの希望にぴたりとはまったプランだと確信しました。

図面を見ただけでは十分に理解していなかった妻も、打ち合わせで説明を受けると「いいですね」とトーンが変わりました。

実際、訪ねてきた誰もがほうと感心してくれる空間になっているとともに、いろいろな用途を兼ね備え、楽しめるスペースになり、大正解でした。

結局、数回の打ち合わせとメールでのやり取りで約2ヶ月かけてプランAから始めてE-3まで進めて、基本的な間取りが決まったのが、9月終わり近く、そこから展開図など詳細の検討に進んでいきます。

こちらの希望に対しても無駄なこと、勧められないことははっきり必要ないと言われましたが、持ち込みのタンスがぴたりと入るような納戸スペースを取ってほしいとか、北側は見通しがいいので洗面台の正面は鏡でなく窓を設けてほしいとか、様々なこちらの要望は、いろいろ検討、工夫して対応していただきました。

その後、電気・設備関係を決めて、工務店の見積が出たのが年明け。

外壁は漆喰にし、洗面台は造作ものにする等、いろいろ加えていったこともあり予算を上回ってしまい、ロフトをやめるかなどの案もありましたが、どこも捨てがたく、どこかをあきらめたら後で後悔すると覚悟を決めて、ようやく2月半ばに工事請負契約まで漕ぎつけました。

そして、工事の始まりです。

現場は当時の住居の近所で、駅からの帰り道にちょっと寄り道すれば見に行けてしまう場所だったせいもあり、休みの日は必ず、平日も勤めからの帰りがけに時々は、という頻度で、現場を見に行き、家の外形にワク取りされ、土が掘られ、捨てコンが打たれ、鉄筋が組まれ、基礎が立ち上がりというステップを追っていました。

基礎の立ち上がりで、一階の部屋の間取りがわかるので、基礎の上に立って初めて実際の部屋の大きさを確認でき、やはり小さ目だったかな、この部分は結構広いなどと眺めていました。

本体の木工事の初めに上棟式があり、式当日は雨の予報だったので人を入れて屋根までやるとメールでお知らせいただいていました。

前々日に木材が現場に搬入されたと家人から聞いていたところ、上棟式に来たら、基礎だけだった場所に柱が立ち、二階の屋根まで家の外形が姿を現したのは魔法を見るような思いでした。

内側から見ると、柱や梁が複雑に組み込まれ、ボルトや金物で固定されており、部材一本一本の長さや孔位置が緻密な設計の下で工場で調整加工されているのが見て取れ(これはミタスさんでなく、工務店の仕事なのでしょうか?)、それを現場で短時間で組み上げる手際の良さには、職人の技を感じました。

この調子なら意外に早く完成と思いきや、「ここまでは早いけど、これからが時間がかかるんですよ」と設計の方から聞き、その言葉通り、引渡しまではそこから三ヶ月余りかかりました。

一年を越え、二度目の秋を迎えている今、二階に共通のパソコンスペースとして希望したカウンターでこのコメントを書いています。

吹き抜け越しの正面にある大きな窓から、隣家との間に植えられたクスノキが見通せ、この開放感が、なんとも気持ちいい。

西向きの窓ゆえ、夏の西日が暑いのが玉に瑕ですが、窓からは季節と時刻によっては月も見え、吹き抜けの床には月明りの影がさします。

逆に外から見れば、この窓が建物の外観を特徴づけるポイントとなっており、特に夜間、吹き抜けの照明が灯ると、この家の別の顔を見せてくれます。

四方の窓から射す太陽の光は、射し込む角度によって季節の移り変わりを日々感じます。

周囲の建物の条件から、目立った窓がない東側からも、こんな所から朝日が入ってくるんだという意外な発見もありました。

無垢の床は一階は濃茶、二階はブラウンと二種類で、白い壁(一部漆喰、他は壁紙)や持ち込んだ茶系の家具、黒いピアノにもしっくり合い、観葉植物の緑が良く映えます。

外観以上に、足元の柔らかなさらさら感、一枚一枚のなめらかな凹凸感が素足に心地よく、そのまま寝転がってもGOOD。室内で緑がよく育つのも、湿気が少ないのも、この無垢の床のおかげではないかと思えます。

その後、生活の場となった家を訪れていただいた清水先生からは、この床だとピアノやオーディオの音が美しく響くようだとも聞きました。

設計を重ねて練られた間取りにより、朝起きてから顔を洗って食卓に着くまで全く無駄なく動け、帰りは一階で着替えまですませ気分を切り替えて二階に上がるなど、機能上も自分の行動パターンに合って、スムーズで快適です。

一階の洗面台や本棚、ユーティリティの棚など、要求を伝え造作家具にしてもらい、多少お金が余分にかかっても、見るたび、使うたびに得られる満足感には代えられないと実感しています。

夏冬はさすがに冷暖房機器が必要なものの、広さや部屋数の割に、今までと比べて特に目立った電気代の増加があるわけではありません。

水道代は、節水機器を導入したことによって、以前から三割以上の大幅な削減です。

外観、住み心地、機能面の素晴らしさに加え、ホームページで力説されていたように、しっかりした管理の下で施工されていたことによる安心感が大きい。

青いシートがかかっている三ケ月間、外側から見る限りはなかなか進んでいるように見えませんが、断熱材の吹き付け、石膏ボード張り、床板張り、外壁の何層もの下地仕上げと、いくつもの作業が行われていました。

前述したとおり、頻繁に現場にお邪魔していたので、出来上がってからはわからない部分で、一つ一つが丁寧に造りこまれていくこと、ミタスの設計者の方の厳しいチェックを受けながら工務店の大工さん達が黙々と作業を繰り返し、少しずつであるけど着実に完成に近づいていく様子が、そばから見ていてよくわかりました。

プロの仕事をしてくれた多くの職人さん、それをしっかり管理していただいた、清水先生はじめミタスのスタッフの皆さんには本当に感謝しています。

一年以上経った現在でも、立派なロフトがほとんど物置スペースになっていることなど、まだ使いきれていない面もあります。

子供の独立など、家族の変化に合わせて住まい方も変わるでしょう。
それに合わせて成長、発展していける素晴らしい家であり、インテリアや庭も含め、次はどこに手を加えようなどと話したりしながら、未だ新鮮な気持ちで快適さを満喫しています。

※メールで頂いた原文のままです。

☆  清水です。ご入居後に、スタッフとお伺いして、楽しくお話を伺ったのを思い出しました。

土地の確認時に、問題点を販売会社と交渉したこともありましたが、その他は、打合せ時も設計スタッフやインテリアスタッフと いつも楽しく打合せをしていたことばかり思い浮かびます。
      
プランに関しては、平面も高さも、微調整の繰り返して、少しでも使いやすくと、スタッフと頭をひねって考え続けました。
    
プライベート空間は、最小限でOKという明確な方針を出して頂いたので、メリハリのある空間ができたと思います。

予算も追加して頂いたこともあり、設計者としても思い残すことの無い設計ができました。
ありがとうございました。

次回、またスタッフとお伺いさせて頂くことを、楽しみにしております。

ユーザーコメント

お住まいになった方の声  新築 その7

東京都渋谷区 K.H 様 から頂いた

ご入居6年後のコメント

東京都渋谷区 K.H

  
 *施主として伝えたいこと *

清水先生の設計・施工監理のおかげで大変満足する我が家を手に入れることができ、完成・入居から5年8か月が経ちますが、何ら不満もなく、毎日快適な生活を送っております。

清水先生と共に住宅建設 を行った約1年6カ月を振り返ってみると、清水先生のポリシーというか立ち位置が、合理的なコストで良質かつセンスの良い住宅建築をサポートするということであり、常に我々施主の最大限の利益の ために、素人である我々と建築会社との間で必要に応じ、
「助言」、「提案」、「指導」、等を行う アドバイザーの役割を演じられたというところにあると感じました。

したがって、上述のような満足感を得るのは当然と言えば当然なのかもしれませんが、世の中、清水先生のようなプロフェッショナルな方ばかりではないというのも、一方で現実ですので、清水先生との出会いは、大変、幸運なこと であったと思っています。

*清水先生との出会い*

建築条件付きの土地を購入し、購入先である建築会社の設計担当者から、契約後6ヶ月間にわたりさまざまな提案を頂きました。

しかし、残念ながら、我々の要求に答えることができず、彼らの設計力、 技術力に妥協を余儀なくさせられるような不本意な設計図をいくつも見せられてきました。
つまり、 我々の希望・要望に対して、「無理です、できません」の連発でした。

結果、注文住宅による満足のいく住宅建築そのものをあきらめていた、そのような折、2002年10月頃、友人の紹介で清水先生に会い、これまでの経緯をご説明しました。

その際、感じたことは、清水先生は我々の要求・希望に対し て解決策を持ってらっしゃるという点、それと、なぜそれが可能かということをわかりやすく説明される姿勢を示されている点、でした。

そして、購入先の建築会社とは、契約を白紙に戻し、清水先生と住宅建設を進めていこうと決心しました。

*我々の提案*

まだ見ぬ家にどのような思い、要望があるのか、清水先生ときちっとしたコミュニケーションをする
ことが大切だと考えていたので、当時住んでいたマンションにお越し頂き、気に入っているところ、そうでないところ、その理由、また、所有する骨董、絵画、絨毯、家具等、すべて見ていただきまし た。

同時に、我々の方から以下のような希望事項をご説明いたしました。

1. 設計いただく上での基本コンセプトは、「光と風」をイメージ
2. 高く、傾斜のついている天井があるリビング及び特徴ある出窓(雑誌の切り抜きを示しつつ) をリビングに設ける
3. リビングからは独立したダイニングを希望するが、そのダイニングからリビングでくつろぐ
家族の気配を感じられるような造り
4. 家全体で最低必要な部屋数、及び、大きさ
5. 耐震・耐久性・断熱性
6. 収納力
7. 防犯への配慮
8. わくわくどきどきするような適度な「空間的演出」

*清水先生のご提案*

2度目のご提案で「参りました」という感じでした。正直言って、想像をはるかに超える内容で、
はや くこの家に住みたいと思いました。
我々の希望事項はすべて満たされた上で、空間的な演出部分について素晴らしいご提案を頂きました。
しかも、基本コンセプトに忠実で、我々にとっては、まさに一つの完成された芸術品をイメージするようでした。
具体的には、以下のようなところだと記憶してい ます。

1. 玄関部分が地下になるため、玄関へのアプローチ及び玄関内側に設けられる採光部分
2. 地下から2階まで続く階段に天井部分から十分な光と風を取り入れることができる天窓
3. トップライトから光、風を取り入れることができる地下室にあるシャワールーム
4. 家の中心に位置し、演出上重要な位置を占めるおしゃれな階段
5. 一方を階段、他方をライトコートに位置し、まさにどきどきしながら「渡る」という感覚で造られる
最上階にあるリビングとダイニングをつなぐ床(夜は間接照明で照らされる)
6. 希望通り、空間的には独立しているが、調和のとれた個性あるリビングとダイニング
7. 小屋裏収納に設置する天窓、その下にある階段踊り場に続く光採り
8. リビング、ダイニングに設置したトップライト

*家づくり*

年末までには基本設計ができましたが、その後は、建築会社を選定しなくてはいけません。
土地を購入した建築業者のことがあったので、言うまでもなく業者選定には慎重になりました。
技術力、コスト競争力、信用力がある会社という基準で数社ご紹介いただきました。
実際、すべての会社 から見積もりを取りしましたが、清水先生と相談し、コスト的には中位の見積もりを提出した会社に 決定しました。

この建築会社とは、当然のことながら、完成後もずっと付き合いを続けていますが、信用、信頼維持に努める姿勢に接するたびに、最終選定における清水先生のアドバイスは的確だと感 じています。

また、相当難易度が高い工事になることが予想されるため工事期間が予定よりも長引く リスクがあり、それは、当時賃貸マンションに住んでいた私の利益に反することになるため、建築会 社との契約に際してこの問題に対処するために適切なアドバイスをいただきました。

玄関ホール・リビングの収納家具、キッチン、シャワー・ルームやトイレの洗面台、お風呂等、ほとんどのものがカスタムオーダーなため、内装や仕様の詳細を決める打ち合わせは数え切れないほど行 いました。

お忙しい中、99%の打ち合わせには、清水先生に同席いただき、目の肥えたプロの目で 一つ一つの仕様を確認頂きました。
また、同席願っているだけで、本当に安心しました。

さらに、重 要な空間についての細部のデザインについては、清水先生にご提案頂きました。
例えば、玄関に続く アプローチについて、京都の町屋の路地というイメージは我々の念頭にあり、
アプローチの通路部分 は我々の方で決めることができました。

しかし、天井をどのようにするのか、全くイメージがなかっ たところ、
赤黒っぽい竹を組んだ天井部分をご提案頂きました。非常に気にいっている部分です。
ま た、ほとんどの部分がオーダーであるために、建築費がかさみがちになるところ、
要所要所でコスト 低減のご提案、ご助言をいただきました。

ここでのコスト低減策というのは、質は妥協せず、コストを下げるということなので、
本当に価値のあるコスト低減策だと感謝しています。

7月に工事が着工され、完成した翌年の4月まで、清水先生には頻繁に現場を訪れていただきました。
その度に、清水先生がチェックしていただき、
また、必要に応じ現場に工法等について指示を出していただいたおかげで、
手抜き工事ということとは全く無縁の設計図に忠実な家が完成しました 。

また、設計段階では、南側に位置する隣家のどのあたりから陽が差し込むかということが
必ずしも把握できているわけではなく、現場に足を運ばれている中で、
清水先生のご判断で設計図にはなかった 窓をダイニングに設けていただきました。
この窓のおかげで、朝から明るいダイニングを実現できています。

*最後に*

清水先生と共に取り組んだ家づくり、本当に楽しみました。

イエス、ノーがはっきりしており、
ノー と言われても常に代替案が提示される。
僭越ですが、プロの方と仕事をするというのはこういうテンポだなと思い、

本当に気持ちがよかったです。
将来、再度、家を建てるときは、間違いなく、清水先生にお願いするでしょう。

*********************************************
K・H  東京都渋谷区 …
*********************************************

※メールで頂いた原文です。

☆  清水です。住所や氏名まで公開可のコメントのメールを頂き、
どうもありがとうございました。住所は途中でカットしておきます。
ご夫婦とお会いしてから7年以上が経ったということですね。
        
設計部のあるしっかりした建築会社の設計ということで図面を拝見して、H様から「この設計、どう思います?」と質問をされ、「これだけの家なのに面白さがないですね…」と私が正直に答えてしまた。
「そう。要望はみんな満たしているのですが、これで本当に良いのかと…」
そういった会話から、私がプランを考えることになりました。
        
ご提案は、2回目ではなく最初のプラン提案で決まった記憶があります。
プランだけでなく実施設計も監理も行うことになったのは、
その建築会社が私のプランが難しくてできないと答えたからですが、そのおかげで、結局すべて私が行えることになりました。
私と同様に、家創りの過程を楽しんで頂けて良かったです。
 
ご引越し後、何度かお伺いし、丁寧にお住まいになっている様子がわかりますし、お嬢様が建築学科へ進まれたとお聞きして大変嬉しかったです。

私自身も思い入れの強い住宅です。   

ユーザーコメント

お住まいになった方の声 新築 その6

横浜市泉区 T.M.ご夫妻 から頂いた
ご入居2年後のコメント

横浜市泉区 T.M.ご夫妻

 

有名大学の准教授のご主人様からメール添付で頂いた コメントをそのまま掲載いたします。


私達が清水先生の事務所を訪ねたのは暮れも深まった雨の土曜日であった。

私達はどうしても50坪の家を建てたかった。
そのため幾つもの不動産会社をあたり、やっとのことで膨大な金額を払い、
この50坪の土地を手に入れたのだった。

だから、土地に見合うだけの家を建てるために我々は毎週色々なハウスメーカーが出しているモデルハウスを見学に行ったものであった。

どうしても譲れない条件が私にはあった。それは先ずは家の躯体が腐らないような設計であること、そして、耐震設計がしっかり出来ていること。
その上でリビングが2階にあり、つぼ庭付きの風呂が2階に設置、更に家族みんが勉強できる学習室も2階に設置されていることであった。

更に出来れば大きなベランダを2階に設置し、大きなロフトを作り、一階にもシャワー室を作るなど、など、50項目以上の希望的要求が夢想されていったのであった。

どのモデルハウスでも、見学者が希望する家とその価格に関する簡単な説明をそのハウスメーカーの営業マンから受ける。

しかし、我々が提示するような家はどれも家だけの建設費だけで5千万を遥かに超え、私の心には絶望感と貴重な一日を灰燼に帰した徒労感で声も出なくなっていた。 

我々は土地を購入してから、そんな無駄な月日を2年間も過ごしてしまっていた。
正直、私は土地を購入したことを後悔し始めていた。

家を建てていないため、法外な不動産税がかかるにもかかわらず、未だに建物をどこに頼むのかの見当すら立っていないのであるから。

そんな時である、インターネットで建築士を探してみようと何となく思ったのは。
検索サイトで“腐らない家”“耐震設計”“1級建築士”などを入れて検索している中で偶然 “ミタス一級建築事務所” に辿り着いたのであった。

先ず私が知りたかったことは、この設計士はどんな“哲学”を持って家を設計しているのかであった。
彼は外見より中身、特に躯体が腐らない家に注目していることが彼のホームページから良く知ることが出来た。その時からだった。

放擲したいと思っていた私のマイホーム造りの情熱と希望にまた火が点いたのは。

2歳の騒がしい長男を連れていても2時間という時間はあっという間にミタス一級建築士事務所で過ぎてしまった。我々は基本的な建築要求をまとめた要望書を先生に提出していたため、次の打ち合わせで2枚の設計図が先生から提示されたのだった。

年が明けて9月には夢のマイホーム建築が始まり、翌年の3月後半には我が家は完成した。

そう、毎晩、毎朝、建築中に産まれた長女も加え家族4人で坪庭を眺めながら風呂に入り、書斎で子供達も絵本を読み、そして10畳を越える大きなベランダには今はトマトやナス、胡瓜、そして桃の木までが栽培されている。

ロフトは11畳もあり、私も幼年期に手が出なかった玩具で今や子供と一緒にこの広い空間で豊かな時間を過ごしている。不惑を遥かに過ぎた親父になってしまったこの私が、この家のお陰でまたあの幼年時代を自分の子供と一緒に過ごせるとは思いもしなかった。

※メールで頂いた原文のままです。

☆  清水です。コメントのメールを頂き、どうもありがとうございました。

最初に他社で作成したプランを拝見して、本当にこれで建てるとあまりにもったいないと思いました。
予算の関係で小さくなっていたことは別にして、間取りがあまりに酷かったからです。
完全な素人、それもセンスのかけらもない営業マンが造ったと思われる間取りでした。
        
有名大学の准教授をされているだけあって、研究熱心であり、いろいろ疑問点を質問され「ハウスメーカーや工務店など、散々廻ったけど、いままで納得のいく説明を受けたことがなかった。
これでようやくすべて分かりました。」と、スッキリしたお顔で、帰られたのが印象に残っています。

当初の予算よりは少しオーバーいたしましたが、他社ではできない大きさとコストパフォーマンスの高い高品質の住宅になったと思います。
広い家やバルコニー、デッキをフルに活用されて楽しく過ごされているようで、何よりです。

スタッフともども食事をご一緒にさせて頂き、ご自身の研究の内容についても、おもしろくわかりやすく教えて頂きましたことも、楽しい想い出となっています。
また、お伺いすることを楽しみにしています。

ユーザーコメント

お住まいになった方の声 新築 その5

東京都狛江市 Y・H さま から頂いた
ご入居3年後のコメント

東京都狛江市 Y・H さま

年賀状を拝見してホームページにコメントの掲載があるのを知りました。

皆さん、専門的にコメントされていますね。
はやいもので間もなく住み始めてから丸3年になろうとしています。
それでも新築当時とさほど変わらぬ状態を維持できているのは、 この家に対する思いがそうさせているのでしょう。

思い起こせば、老朽化した中古住宅をリフレッシュするのもそろそ ろ最後の機会であろうと考え、改築を思い立ったのは5年ほど前になります。

しかしながらなにぶん敷地が小さいため、間取りの確保が悩みの種でした。
普通に建て替えても今まで以上の間取りは期待できないと思い、考えた末地下室を設けることを決意しました。 地下室についてインターネットや文献などで情報収集してみましたが、いろいろとリスクもありコストもかかるようでしたので、 不安が先行する状況でした。

その時点では建築会社の心当たりもなく 業者を検討する材料すらありませんでした。

そんな矢先、友人から家を新築したことを聞かされ、そのときミタス一級建築事務所のことを知りました。

そこではさほど詳しい話を聞いた訳ではなかったのですが、とても信頼できそうな印象を受けました。

まさに偶然の出会いだったのです。

その後その友人に紹介してもらい、相談にのってもらいました。
家には昔から興味はあったのですが、物件の間取りを眺めてあれこれ想像する程度で具体的な工法や建材、デザインなどの知識が全くありませんでした。
ですからその席では極めて曖昧な希望というか理想を述べただけだったように思います。
住居は安心して住める快適さが重要だと考えておりましたので、今思い返しても地下室を設けることと、安心して住める建築を優先して欲しいというようなことを話した記憶しかありません。

当時は認識していませんでしたが、間取りの提案から内装に至るまで、今思えば本当にすばらしい提案ばかりでした。

私の漠然とした内装のイメージと購入を希望している家具や照明などにうまく溶け込んだデザインになり本当に満足しております。

更には、決めかねている家具類についてもアドバイスと、発注、納品をしていただき、期待以上の出来になりました。

設計監理の契約後、設計内装等の詳細を検討していくうちに1年近くたち、ようやく工事開始の運びとなりました。
仕事の都合上、建築の現場には一度も顔をだせずに申し訳なかった と思っております。
それでも、気になっておりましたので、毎週末の早朝には現場を見て、 デジカメでスナップショットを撮りました。それを見かえすと 取り壊されていく様子、更地から地面を掘り返した状態、だんだん家が できあがっていく様子などを懐かしく思います。
繰り返しになりますが、建築について専門的な事柄は結局今に至るまで たいした知識もないままです。
詳細な感想を具体的に挙げることもできませんが、細部に至るまで十分な配慮がなされていると思いますし、なにげなく感じている心地よさにそれがあらわれているのだと思います。

主な希望であった地下室は当初書斎を確保するぐらいの構想でしたが、最終的にはホームシアターに昇華でき、マシンルームも確保できました。
現状ではまだマシンを設置するに至りませんが、 これからの仕事に様々な展開が期待でき楽しみな限りです。

寝室から洗面、浴室への連携は日々効率的な動線で助かります。
提案していただいた内装のデザインはどれも気に入っていて、 風呂に入っているときも、トイレを使用しているときも、 本当にいい空間だなと感じます。

2階のリビングは圧巻でこれほどの明るい部屋が可能なのかと思うほどで、 暖かく快適な空間です。
高い天井と天窓の効果でしょうか。 解き放たれたような開放感からとてもくつろいだ気分になれます。

キッチンはデザインも申し分なく思い描いていた理想を遥かに超えるものでした。使いやすさはいうまでもなく、日々活躍しています。
そういうわけで、今回の新築「プロジェクト」は自分が思い描いていた希望と情報収集した中で琴線に触れたデザインをお伝えしただけで、それ以外は 一口にいってお任せ状態だったと思います。

それでもひとつひとつ丁寧に 建材の選択などをいっしょに考えていただいて、漠然としたイメージが 具体化できたと思います。

同様に地下室のシアター設備も専門業者 に機器を お任せで選んでもらいました。
結果的には思いつきで考えたデザイ ンよりも、 付け焼き刃でセレクトした機器の組み合わせよりも、すべて期待以 上の出来になりました。

それも信頼できるパートナーに出会うことができたからです。

その偶然の出会いが最大の幸運であり、この「プロジェクト」の成功の要因なのでしょう。
住む家は住む人を変えると思います。そして住む家が住む人を育てます。

以前の家では言うに言われぬ閉塞感があり、内に籠る傾向にありましたが、新しい家になって我ながら活動の幅が広がったように感じます。
友人を招くようなことも久しくなかったのですが、 そういった招待も積極的にするようになりました。
それなりにコストをかけたことも、仕事に張り合いができました。

なんとなく予感していたことでもありますが、 思いがけない昨今の状況の変化にも対応するベースができて本当に よかったと思いつつ、我ながら先見の明があったと自負しています。

これから迎える転機に積極的に立ち向かえるような気がするのはこ の家があればこそです。
満足感に溢れる家と、それでいて空気のように意識させない快適さは実際以上の プラスアルファの時間をいただいたような気がします。

ありがとう ございました。
これから先もさらなるライフスタイルというか人生の転機があるよ うな気がします。
そのときにもお世話になることができれば存外の喜びですので、ぜひよろしくお願いします。

※メールで頂いた原文のままです。

☆  清水です。実名や住所まで公開可のコメントメールを頂き、どうもありがとうございました。

一度実名公開しましたが、考えましたが、お名前はイニシャルに改めさせて頂きます。
住所は、市までの公開に留めさせて頂きました。
Hさんとの家創りで、私が最初に想い出すことは、ご希望通り1階リビングで部屋数を確保したプランと2階リビングで、ご希望を無視した私の提案プランを説明したとき、提案プランをすぐ気に入って頂きましたが、親御さんが2階リビング等に反対されていて、「何度説得してもわかってもらえないので、親を連れていくので説明して欲しい。」と以前の藤が丘の事務所に、みなさんでお越し頂いたことです。
上品なお父様とお母様でした。ご説明させて頂きましたら、あっさりとOKして頂いたので、Hさんご自身が、拍子抜けされて一番驚いていたことです。
地下付ということと、細部まで提案と確認をさせて頂きましたので、設計にも時間が掛かりましたが、 完成後、スタッフとお邪魔して乾杯させて頂いたとき、真冬の夜にもかかわらず、地下室のエアコンも既に切ってあり、家中の他のエアコンも作動させていませんでした。
それなのに、玄関の大理石の床がまるで床暖をしているかのように暖かく、2階リビングがそれ以降も充分暖かいのには、自分で設計や監理をしておきながら、想像以上の快適さに驚きました。(^^)ゞ
ミタス一級建築士事務所は、スタッフが増えてきましたが、実名を公表させて頂いておりますし、私が73歳で引退するまでは、今後も私が直接すべて担当させて頂きます。(笑)

ユーザーコメント

お住まいになった方の声 新築 その2

横浜市南区 T.A.ご夫妻 から頂いた

ご入居3ヶ月後のコメント

 

横浜市南区 T.A.ご夫妻

今までは日当たりが悪く、風の通りの悪いマンション生活でした。
ミタス一級建築士事務所へお願いして、希望どおりの設計(こちらの希望を具体的に図面にして頂いて)の家に住むことが出来ました。

細かいところまで丁寧に説明してもらえたので、打ち合わせが長くなってしまうこともありましたが、‘家を作る’という作業を一緒にやっているぞ!という感じがしました。

私たちは予算が少なかったのに、希望するのもは予算オーバーになってしまうというケースが多々ありました。
その度、打ち合わせのときにいろいろご提案頂き、また事務所のお力で安くやれるところを探して頂いて感謝しています。 長いローンを払っていくのですが、大好きな家で、快適な暮らしが出来るので、そんなに嫌ではないネ (ローンの支払いが)なんて話しています。

 
私たちが設計をお願いした頃から耐震強度の問題がTV等で言われていました。この点も、
こちらが言う前から、しっかりとご提案いただいたので安心しています。
 
設計のことは全く分からない私達相手に、専門的な事を、分かり易く説明して頂きました。
 
この家に住みはじめて3ヶ月が過ぎますが、やはりとても快適です。2Fリビングなんですが、最初の図面を見たときに‘生活しづらいのでは?’とちょっと不安でしたが、日中、日当たりがとても良く、夜は1Fが寝室なのでお風呂(1F)ででから、ずっと1Fに居られます。使い易いです。
 
友達を呼ぶと‘ログハウスみたい’‘ここにいると外に行きたくない’と言われて、とても嬉しいです。2Fのウッドデッキもチビッ子たちにも大人気です。
 
夏に伊豆の旅館に行ってきたんです。それなりに良かったんですが、家に着いてお互い一言
‘ウチの方がいいね’‘居心地がいいよね’でした!
 
子供がまだ小さく片付けや整理がほとんど出来ないままになってますが、少しずつやっていくのも楽しいかなーと思っています。
 
子供が幼稚園に入ったらやろうかな・・・? 収納をとても大きく使い易くして頂いているので、多少物をつっこんだままにしていても全然気にならないのです。
 
キッチンも高さから色から希望通りなので、台所仕事も楽しいですよ。
もう私達は引っ越す事がないので、老後もここでずっと過ごしていきたいと思っています。
大きな買い物でしたが、清水先生に設計と監理をお願いして、とても良かったです。
 
 
※お手紙で頂いた原文です。
 

☆  清水です。お手紙を頂き、どうもありがとうございました。

2階リビングやリビングに隣接した大きなウッドデッキを気に入って頂き、良かったです。
リビングを見下ろすロフトも ご主人様のお気に入りだとスタッフから聞きました。
また、お伺いして、お話することを楽しみにしています。

ユーザーコメント

お住まいになった方の声 新築 その1・地下車庫付

川崎市麻生区 T.S.ご夫妻 から頂いた
 
ご入居3ヶ月後のコメント
川崎市麻生区T.S.ご夫妻
上棟の日、初めて我が家の2階にあがって、「やはり先生にお願いしてよかった」と感じてからはや半年。実際に出来上がった家に数ヶ月住んでみて今、更にその実感が深まっているところです。休日も出掛けるよりは、家にいることそのものを楽しむようになりました。(お金が無いのもありますが(^^ゞ

以下に、先生にお願いしたからこそ得られた(逆に言えばハウスメーカーにお願いしていたら得られなかったであろう)安心感、満足感について思いつくままですが書いてみました。 

●耐震性・耐久性 

いくらデザインがよくても、地震の時に倒壊してしまっては何もなりません。先生には、上モノだけでなく、土地の状態からきちんと検討していただきました。当初、地下車庫を壊して擁壁から全てやり変えるというご提案には、少しびっくりしましたが、結果的にはがっしりとした基礎という何ものにも変えがたい安心感に加え、広々とした新しい 地下車庫まで手に入れることができました。しかもコスト的には、当初の予算内におさめていただきました。また、上モノに関しても、専門的なことはわかりませんが、耐力壁 などの設計においてとても安心することができました。       

設計「監理」の意味

家づくりを検討し始めて、ハウスメーカーと話しをしている頃は、まだ「設計監理」という言葉すら知りませんでした。先生にお願いして、実際に工事が始まってみるとこの「監理」 の意味、大切さが身にしみてよくわかりました。「設計」も大切なのですが、「監理」はそれと同じ、もしくはそれ以上に大切なものだと今は思います。工事が始まると、どんどん家が形になっていくことが楽しみな反面、「本当に工事はきちんと行われているのだろうか」「手抜き はないのだろうか」といった漠然とした不安が膨らんでいきます。よく書籍などでは、「施主が現場に足を運ぶように」などと書かれていますが、所詮は素人の私たちは無力なものです。まして、現場で汗水たらして働いている職人さんを前にすれば、言いたいことも言えなくなってしまいます。紙の上ではどんなに素晴らしい設計だったとしても、それが実際の家としてすみずみまで問題のない形で具現化しなければも文字通り「絵に描いた餅」にすぎません。 今回、清水先生には前からおうかがいはしていたものの、予想を上回るペースで、こちらが先生の採算が気になるほど、本当に何度も現場に足を運んでいただきました。実際に、不備な点やよりよくするための工事のやり直しが何回もあったようです。先生のブログでそれらが紹介されることがありましたが、特に、基礎の部分や断熱材や防水紙など家の基本とも言うべきところで徹底した「監理」をしていただいたことが今の満足感、安心感に繋がっています。あくまでも施主の立場で施工者に対しプロとして監理の目を行き届かせていただけることが何ものにも代えがたい大きなメリットとなりました。また、見積金額においても、素人では何の基準もなく、高いのか安いのかすらわかりませんが、先生にきちんと見ていただき、業者の方と折衝していただいたため、非常に安心かつ割安だったと思います。       

自然素材

先生の事務所に初めておうかがいしたとき、まずお話いただいたのが、無垢材や紙クロスについてでした。サンプルを手に、熱心に集成材との違いについて教えていただいたことがとても印象的で、先生にお願いするひとつの決め手ともなったのですが、今やこの無垢材の         フローリングやクロスは我が家の自慢の1つとなっています。先生がおっしゃっていたように無垢材の床は裸足で歩くと本当に気持ち良いです。もちろん、体感的な面だけではなく、何よりも自然素材であることによる「健康への安心」も手に入れることができたことが大きいです。       

収納力

我が家は色々とガラクタも含めてモノが多く、当初、収納についてはかなりリクエストいたしました。実際に引越しするまで、どの程度になるのかわからず、一番心配な点でもあったのですが、結果的には、天井までの収納や大きな物置を兼ねた地下車庫のおかげで実は、 まだ使用していない棚がいくつもあるような状態です。       

広いロフト

ハウスメーカーの提案の約2倍のスペースを確保していただきました。見晴らしや日当たりも非常によく、お気に入りのひとつの「部屋」として充分機能しています。冬の間はテレビをみたり本を読んだりと暖房を入れなくてもポカポカのロフトでくつろぐことが多くなりました。

ファイバーグレーチング

家を訪れた方が一番感心するのはファイバーグレーチングの2階の吹き抜け部分の床のようです。光と風が通るという所期の目的はもちろんですが、夜には1階のリビングからの光が逆に通って「光る床」のようにも見え、意匠的にもとても気に入っています。       

その他・・・・

その他気に入っている点をあげていけばきりがないですが、
・大理石の広々とした玄関ホール
・尺モジュールではない階段幅やバルコニー幅         
・広いリビングとキッチン         
・高さを生かした子供部屋や寝室の空間などなど、細部にわたって非常に満足しております。本当にどうもありがとうございました。

※メールで頂いた原文です。

清水です。コメントのメールを頂き、どうもありがとうございました。

地下車庫や擁壁は、予算を考えると迷いましたが、将来のことを考えると今回、提案しておかないと後々に後悔することになりそうで、せざるを得ませんでした。 承諾頂いて価格も幸い抑えることができ、完成後も喜んで頂いていて、本当に良かったです。
また、お伺いして、お話することを楽しみにしています。

ユーザーコメント

川崎市宮前区 T.Y.様へ

スタッフ突撃インタビュー!

横浜市港南区 H.S様

清水が20年以上前からお仕事を通してお付き合いをさせているお客様から、完成後のお手紙を頂きました。
昔から代表を良くご存知のようですし、気軽にお話頂けるお客様のようでした。
そこで、スタッフのM.K.が、もう少し詳しくインタビューさせて頂くため、公開のお許しを受けて、お伺いしました。

 

20数年以上前に、初めて清水に仕事を依頼されからのお付き合いとのことですが、その当時の清水の印象や仕事ぶりは、いかがでしたでしょうか?

20数年どころか、30年近いくらいの前じゃなかったかしら。
今と、全然変わっていないわよ。毎日仕事のチェックに来て頂いていたし、誠実そうで安心感がありました。(奥様)

最近、清水は痩せましたが、その当時はどうでしたか?(笑)

そう、急に痩せたわね。ビックリしちゃった。でも、昔はもっと細かったわね。(笑)

どういう工事内容だったのでしょう。何回か依頼されたんですよね。

いろいろあったわよ。…

(昔の資料を、すぐお持ちになられました。横で笑いながら話を聞いていた清水は、その資料を見てなつかしがったり、
「よくこんな昔の資料がすぐ出てきますね」といたく感心。)

全部残してあるわよ。全部で、何件?

これには4件だから、今回で5回目かな? 子供部屋の増築からスタートして、サッシの入れ替えとか、外壁塗装とか…(清水)

今回の工事は、耐震補強がメインとのことですね。

そう、いろいろ心配だったからね。(ご主人様)

依頼されてから、随分お待たせしたとのことですが、何か事情があったのですか?

いや、別に理由はない。特に急がない工事だと清水さんに言ったからかな。

清水がお待たせたのですね。(^^)ゞ

普通ならね、あれだけ待たせられたら、他に頼むよね。(笑)信用していたから、他に頼む気にはなれなかったけどね。
一時は、入院しているんじゃないかって、話をしていた。ブログを見たら更新していたので、「おい、生きてるよ!」と話をしていた。(笑)

言ってた、言ってた。(笑)

(たまらず、清水が…)
いや~、単なる耐震工事だけで済ませるなら、それで良かったんですが、ご説明したように費用の割りに満足度が低いので、最初の提案内容ではやりたくなかった。耐震工事の方法は、何通りにも、いろいろ考えることができますから。
この費用なら、どういう工事にすれば、一番Yさんに喜んで頂けるか、あれこれ考えていましたから。でも、結果的に新しく提案した内容の方が改装にも費用が廻ったし、いろいろ良かったでしょ?(笑)

そうね。何がなんだか、最初はさっぱりわからなかったけど、完成してみて初めてわかったわ。(笑)
この無垢の床材も、壁の色も、私は絵をしているけど、小さなサンプルでは全然イメージできなかったわね。気に入っています。

内装の仕上げ選択も、清水に任せたのでしょうか?

全部お任せだったわね。赤とか青とか使うので、不安もあったけど、気に入っています。
ありきたりの白でなくて良かったし完成すれば、なるほどと思いました。

完成してから、良さが実感できたの。この無垢の床材も足ざわりは良くて、柔らかい感じで、素足でいる方が心地良いし、3センチの厚みも感じられて嬉しいわよ。孫も、この床の上に寝ころがってTVを観てた。

こんな風になるなら、もっと事前にアピールして仕事した方が良いんじゃないの?
塗装屋さんが、「奥さん、あの先生はいつもこの自然塗料を使うのですが、普通の5倍の値段ですよ!5倍!」って、私はそんなこと知らないから、ビックリ!
それならそうと、最初にもっとアピールして言えば良いのにねぇ…。

まあ、あまり期待させても、終われば期待以上だったの方が良いでしょ。(笑)

それは、そうだわね。

今回の工事中に、特に不便を感じる数日間は、旅行に行って頂いたとのことですが、工事を完全に任せてしまってご不安は無かったですか?

全く無い。あるわけないじゃない。
有れば行ってませんよ。

旅行中、白蟻が出ているという連絡をもらって、普通なら「大変だ~」と思うけど
何の不安も無く「お願いします」だけでしたから。帰ってきて、白蟻がいる土台の切れ端を大工さんが取っておいてくれたので見せてもらいました。

近所の人が、大きな工事をしてたはずなのに、外観はあまり変わっていないから、
「何の工事をしていたの?凄い工事をしてたわよ。旅行に行かない方が良かったんじゃないの?」って、心配していましたけど。

お手紙で頂いた以外で、お住まいになって他に気付いたり感想はございますか?

いえ、無いわよ。手紙に書いた通り。
でも、完成して地震が何回か来たけど、揺れ方が以前と全然違うから、ビックリしました。
錯覚じゃなくて、5回くらいは来てるから、間違いないわよ。

以前は、家の前のトラックがドアーを強く閉めただけで、ガタガタいってた。

そうよ。以前は地震のときの揺れ方がガタガタ~って、凄かったのに、今は、「えっ?何、今のもしかして地震?」という感じだから。何回もだからホントなの。
こんなに良くなるならもっと、最初に言えばいいのに。

(清水)実感できて良かった。基礎も打ち増しして補強したし、メインの壁も強くしたので、揺れが小さくなるのは当たり前なんです。
耐震強度は数値で説明できるけど、揺れの大きさまでは数値で説明できないんですよ。主観的なものだから、事前にどこまでとは言えませんよね。

それは、そうだよね。できないよね。
床下収納も言われたように、コロコロの付いた箱を10個入れてるけど、まだ入るよ。

これは、大きくて普段は不要な物が、全部片付けられて助かったわ。

将来も、またリフォームでお会いできそうですね。

うん、今度は、ここの水廻りだね。

どうもありがとうございました。

 

というわけで、実際は1時間以上おしゃべりさせて頂いたので、まだたくさんお喜びの声は聞かせて頂きました。
メモをしながらお聞きしていたのですが、要点しか書ききれませんでした。
そのため、多少、言い回しは異なるかもしれませんが、内容やニュアンスに関しては、できるだけ忠実に記載したつもりです。
ご指摘を受ければ、訂正いたします。

これを機に他の方のところへも、機会とチャンスがあれば、インタビューにお伺いしたいと思います。

ユーザーコメント

お住まいになった方の声 住宅リフォーム その6

横浜市青葉区 K.H.様 から頂いた 

ご入居1年後のコメント

横浜市港南区 H.S様

新しい家に住みはじめて1年が経ちました。この家で暮らし,私たちはとても幸せです。

「外に出かけるのも良いけど,家にいたい!」
そう思っているのは大人だけではありません!子どもたち(3歳・1歳)も家が大好きです!

ミタスさんにお願いすれば,「家にいるのが大好き」になります。
「こんな感じの家…」という漠然なイメージでも,清水さんをはじめ,ミタスさんのスタッフ皆さんが,多くの提案でイメージを現実のものに変えてくれました。

さて,清水さんへの依頼は2世帯へのリフォームでした。
我が家のリフォームは難題だったと振り返ります。元々は2階建ての戸建てで両親が住んでいました。
5年ほど前に,「自然素材で耐震もしっかり,嘘をつかない建築士さんにお願いしたい!」
という母の切実な思いが清水さんとの出会いに結びつき,1階部分のリフォームをお願いしています。

その時のリフォームでは,キッチンをアイランドキッチンに変え,リビングとダイニングの壁をなくした開放的な空間に加え,壁は珪藻土,床・天井は無垢にし,気持ちも居心地もよく,優しい家になりました。

「素敵な家だなあ」,「いつかはこんな家に住みたいなあ」と思っていた私たち夫婦。
そんな時,ふとしたことから同居話が出て,トントン拍子に清水さんへの相談となりました。

もちろん両親の清水さんへの信頼は厚く,私たちもお願いできるなら!と2世帯住宅へ向けたリフォームと増築の設計依頼となりました。

前回の経験から,母を中心に2世帯住宅へのイメージを膨らませ,清水さんにお会いしました。
素人の私達が知恵を出し合って考えたイメージはハチャメチャなものでしたが,清水さんは静かに聞いてくださり,それを実現するには想像以上の予算と時間がかかること,さらに全部さら地にして立て直した場合など,現実的な3つの提案を平面図で示してくださりました。

今になって振り返ると,その瞬間,私たちのイメージが非現実的であることを知り,初めて現実的な設計のスタートラインに立てたように思います。
結局のところ,1階部分は前回のリフォームで居心地の良い空間になり,家族の皆が愛着を持っているので,(大きな変更をせず,もちろん)間取り,柱,構造的に制約が多かったのですが,最終的に2階部分のリフォームを中心に,そして家の全体的な雰囲気を変えないまでの増築をするという方針に決定しました。

方針が決まってからは,月に2~3回のペースで打ち合わせが始まりました。
私たちは2世帯が仲良く過ごすために?!

共有部分をつくらない完全分離の道を選び,1階は親世帯,2階は子世帯という住み分けにしましたが,
そこにいきつくまでにも、水回り(キッチン・お風呂・トイレ)をどこまで共有していくのか,子世帯の玄関をどう配置するか,外階段をつけるのか,車庫をどうするかなどなど,毎週のように打ち合わせすることもあり,その度ごとにいくつかの提案を丁寧に準備してくださいました。

「希望」と「予算」との譲り合いの中で,打ち合わせで決まらないことは,その提案を家に持ち帰り,家族で十分話し合い結論をだす。
それを次の打ち合わせで伝えていく。そんな作業の繰り返しでした。
時には私たちと両親との間の架け橋的な存在にもなってくださり,良きアドバイザーでした。

1年近くの話し合いを経て,施工を始めたのは翌年の7月でした。
もちろん様々なプロセスがありましたが,特に電気系統の打ち合わせには驚きました。
自分たちが実際に生活する動線を設計図からイメージし,スイッチやコンセントの場所を決めます。貴重な体験でした。
施工が始まってから,楽しみで現場を見に行きましたが,両親が1階に住んだままでの工事ということで,

「今日はドコドコやっていたよ!」と聞き,「先に見たな!?」というやり取りもまた大変楽しみでした。

工事業者に任せきりでなく,ミタスさんのスタッフがほぼ毎日現場に顔を出して,工事の進み具合や,設計管理をされ,些細な疑問にも,
一つ一つ丁寧に対応してくれ,「気になったらミタスさんに連絡!」といった具合で,これほどの安心感をもったことはありませんでした。

大工さんたちも,きっと気の抜けないことでしょうね。
家ができる工程を見るのは,本当に楽しい時間でした。

先日1か年点検をしてもらいました。
清水さん,設計担当の○○さん,(ここだけは、現在も頑張ってるスタッフですが匿名にしておきます)大工さんの立ち合いです。
改めて,「我ながら,よくできている!」と清水さんからポロっと嬉しい本音が!

また,化粧板も木目が揃うようにしてくださっていたなど,素人では気が付かないミタスさんのこだわりも教えてくださり,
我が家の魅力を再発見した点検となりました!
モヤのかかったイメージが,打ち合わせを重ねるごとに明るく視界が開け,
また私たち家族も多くの話し合いが同居への心の準備期間になったように思います。

「家を建てる」。生涯でそうそうある出来事ではありません。
とても大きな買い物です。使い捨てでもなければ,100円のものともわけが違います。

だからこそ,ミタスさんにお願いして本当に良かったと感じています!

最後になりましたが,2年近くにわたってお世話になりました清水先生さんをはじめ,
ミタスのスタッフの皆さん,そして施工業者の皆さんに厚く御礼申し上げます。ありがとうございました!

※メールで頂いた原文のままです。

清水です。ユーザーズコメントを頂き、どうもありがとうございました。

リフォームは、事前の設計だけでは、すべてを決めることはできず、想定外の現状に合わせて
現場で見ながらベターな方法を考えていかないと、良い住まいにはなりません。

それだけに、知識や経験を駆使しての腕の見せ所であり、私としても現場そのものに愛着が湧いてしまうのも事実です。
現場が好きなのと、既存がどうなっているか心配で、つい現場に行きたくなるのも、リフォーム工事です。
         
方向性が固まるまでに、新築を含めて様々なシュミレーションをいたしました。
増築場所に対して、工事もしやすい場所がありましたが、「そこに増築をすると、今の建物の品格が失われます」という私の意見にご子息様が、なるほどと強く反応して頂き、増築場所が決まったことを思い出します。

といっても、提案した場所の方が、設計上、工事上、法規上のすべての制約が難しくあらゆる角度から、どうすればうまくできるかを考え続けました。
事前に屋根裏にスタッフを登らせ、すべての梁と柱を把握して、
構造的にも無理の無い設計を行ったのは、覚えていました。

ご入居後にお伺いしたときに、思わず「うまく設計したなあ…」とつぶやいてしまったのは、法規上、構造上、既存状況をしっかり押さえて、使いやすさだけでなく
空間の最大限の利用と有効利用ができていたので、改めて自画自賛してしまいました。(笑)

ビフォーアフターで行ったリフォーム以上の内容だと思います。(^^)v
ご在宅のお母様は、工事が長く、そのストレスは想像以上に大変だったと思います。
いつも笑顔で迎えて頂だき、工事を楽しもうという考え方をして頂いたので職人もスタッフも本当にやりやすかったです。

二世帯住宅の大掛かりな増改築でしたので、これだけ長い期間、最後まで笑顔を崩されなかったお母様には、感謝だけでなく、尊敬しているとスタッフにも言っています。次回、またスタッフとお伺いさせて頂く機会を、楽しみにしております。