ホーム>住宅の真実を知ろう

住宅の真実を知ろう

すべて造る側の立場で考えられています

もし、ハウスメーカーや工務店が、

住み手の皆さんのことを本当に真剣に考えているなら

どんな住宅を提案するでしょうか?

 

デザインの良し悪しは主観的なものや好みもありますが

客観的には少なくとも

 

「快適で地震にも強く、長持ちして、健康にも良く、財産になる…」

ということようなことを考えるはずですよね?

 

日本の住宅産業の考え方は、

どうなっているのかご存知でしょうか?

 

工務店やハウスメーカーが考える住宅とは?

ひとことで言えば、「クレームのこない儲かる住宅」ということです。

 

クレームがあると、対応に費用が嵩み利益が減ります。

 

1 いかに安く造るか

2 いかに見栄え良く造るか

3 いかに簡単に造るか、

4 どんな職人が造ってもクレームにならない工事方法や仕様

 

一見、良いように思えますが、造る側の立場、売る側の立場で住宅

を考えていることで、住まい手にとっては不利なことや、

住んでから問題を抱える原因になっています。

 

先ほどの

 

「長持ち」

「健康面」

「耐震性」

「断熱性」

「家は財産」

 

というようなことは、実は軽視されているのです。

もし、優先されていれば、現在の住宅のような設計、造り方、仕様、仕上げにはなりません。