ホーム>なぜ日本の住宅は輸出されないのか

なぜ日本の住宅は輸出されないのか

なぜ、日本の住宅は輸出されないのか?

信頼されていて高品質な日本の製品が、なぜ住宅だけは

先進国に輸出されないのでしょうか?

 

在来工法の工事が難しいから?

原因のひとつかもしれませんが、違います。

 

日本の住宅は「うさぎ小屋」と、ある先進国から侮辱されて

いました。どういう意味かご存知ですか?

 

「うさぎ小屋」は、「小さい家」の意味と勘違いした人も多い

ようですが、実際の意味は「うさぎ小屋のような粗末な家」

「偽物の家」という意味です。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチの石造りの生家は500年以上経っ

ています。ヨーロッパの街並みに建っている建物

は、住宅でも数百年経っているのは、ざらにあります。

 

他の一般の建物でも、外装や窓、内装、設備といった維持管

理は、当然行っています。日本の住宅と違い、すべて本物の

素材で造っているので、それだけの財産価値があるからです。

 

日本では、「住宅は個人消費財」

新しくても1年経てばすぐに価値が半減します。

欧米は、「住宅は社会的財産であり資産である」

中古でも建物の価格は値上がりしていきます。

 

社会的に「30年で価値無し」とされるのが、日本の住宅です。

この考え方で、造り続けて、本当に良いのでしょうか?