ホーム>ミタスならではの高品質フルオーダー設計

ミタスならではの高品質フルオーダー設計

ミタスが考える住宅は?

住まい手の立場にあった本物の住宅を造るために

独立して、設計事務所をしています。

年中無休で、新しい知識や学びに時間を掛けてインプットし向上していっています。

 

予算があれば、いくらでも性能やデザインを追及していくことができます。

在来工法が多いですが、

ご要望によっては2×6や鉄筋コンクリート造の外断熱などもお勧めしています。

 

標準仕様やデザインというより、住まい手の希望している内容に合わせて

すべて合わせて設計していきますが、基本性能やミタスのコンセプトを無視してしまう場合は

なぜ止めた方が良いのか、しっかり説明し、それでもやりたいという要望があれば

実現させていただいています。

 

 

ミタスが考える住宅は?(1

 

耐久性に優れた本物の住宅であること

欧米の住宅の良い考え方を研究して取り入れています。

この耐久性を意識して設計し、材料、工法等も検討し、選択しています。

そして、設計だけでなく、現場での工事方法の指導が大変重要です。

 

主に無垢材や本物の素材を使うのは、耐久性や健康面、本物を使って、

住まい手が潜在意識で快適だと感じることを知っているからです。

 

構造面で無理をしない耐震性に優れた設計で

地震に強い家であること

阪神大震災の反省から、地震に強い住宅にしたいという想い

が強いのです。

 

一目見て明らかにこの現場はおかしいと訴えても、

見掛け上は合法的に完成していっているのです。

建築基準法を満たしていても、長期優良住宅の基準を満たしていても、

地震に弱い住宅はあります。

 

熊本地震では、長期優良住宅でも倒れたのに、

1980年以前の住宅が倒れなかった事実があります。

 

それは設計の時点で回避しなければならないのですが、

なされていません。

ミタス 一級建築士事務所ではその前提で提案し、

無理なものは無理、避けた方が良いものは止めた方が良い、

補強のためにこのようにします、と申し上げます。

そういう制約の中でプランをしています。

 

断熱性能の優れた家であること

家に快適に住まう条件というものに、この目に見えない温熱

性能は大きく左右するはずです。この点も好評です。

断熱性能を良くするだけでなく、風の通り、光の入りを考慮しないと

いけません。

でも、最も断熱性能に影響するのは、工事方法なのです。

他では、この工事方法がおろそかにされていますから

設計通りの断熱性能が得られません。

 

機能面を含めて使い勝手の良い家であること

これは住宅は、快適に住めなくてはならないので当たり前の

ようですが、意匠やデザインにあまり懲りすぎると、

両立が難しくなることもあります。

   

健康面に注意した家であること

検査の依頼で、新築完成現場の建物に到着すると、まず最初

に、「家中の窓を開けます」揮発性物質が充満していて、

臭くて居られないからです。

どういう一流のハウスメーカーであろうと、

合板フローリングとビニルクロスの新築住宅には共通

しています。

 

ミタスが考える住宅は?(2

 

プランニングの際、念頭においている

住宅設計のコンセプトについて

 

・朝日を浴びながら、家族で朝食をとること

・玄関が広々として気持ちいいこと

・家族が集いたくなるリビングであること

・お子さんが楽しくなり、その友達が来たくなるような家であること

・平面だけでなく、高さ方向の空間を意識した設計であること

・床、壁、天井など本物の素材にこだわった住宅であること

 

ひとことで言えば、

・3次元としての空間をどう使い、どう利用するかが一番大切です

 

お子さんに喜ばれて、大きくなったら自分も住宅を設計する

建築家になりたいと思えるような家になれば、それが最高だ

と考えます。動線やご希望を設計するのは、当然のことです。

 

逆に、現在の日本のほとんどの家で

実現されていないと感じる面は

・耐震性に優れた設計をしなければならないのに…

・強度が継続しなければならないのに…

・断熱性能に優れた家のほうが…

・内部結露のしない家でなければ…

・耐久性に優れた家のほうが…

・雨漏れのしない設計と厳しいチェックを行わないと…

 

カッコいい設計だけなら、

ミタス 一級建築士事務所より優れたところは、あるでしょう。

一方で、カッコいいデザイナーズブランドの家が入居後の雨漏れや使い勝手が悪い、

夏があまりに暑すぎる、冬は暖房を付けても寒くてコートを着ているなどの

声も聞きます。

 

そういう基本性能は、おろそかにできない、

職人に指導できない内容や設計者が施工指導に自信がない

ものは、設計したくないというのが

ミタス 一級建築士事務所のスタンスです。

 

入居してお住まいになって頂いた方には、

空間の利用法も含めて、今のところ100%満足して

頂いているようです。