ホーム>費用について

費用について

業務内容

1 住宅の設計・設計監理

新築やリフォームの設計依頼をお考えの方には、こちらの住宅の考え方を写真などの実例をお見せしながら事務所でお話しいたします。事前にご予約下さい。(無料です)そちらのご希望などがあれば、その際にお聞かせ下さい。

住宅設計や監理の考え方や工事費の概算、設計監理費用を納得して頂いてから契約書の作成に入ります。
契約書には細かく様々なことを記入していますので、事前に内容をご覧頂き、納得して頂いたら契約の日時を決め、設計または設計監理契約をいたします。
契約後、詳しいご希望をお聞きし、地盤調査、敷地調査、法規調査を行い、初回フプランを提案、ラフプランは納得して頂くまで修正や新しい提案、打合せを繰り返します。代表の清水煬二はもちろん、他に毎回、設計担当やインテリアコーディネーターが同席しながら進めていきます。

ラフプラン完成後、建て主の希望にあった実施設計(詳細図)に入ります。(インテリアコーディネーターなども同席します。楽しい時期です。一緒に楽しみましょう。)
実施設計完了後、業者に見積りを依頼します。当初の予定より、面積や内容的にはご希望や提案でアップグレードしていることがあります業者決定は、見積りを確認し、建て主と相談して決定します。

予算オーバーの場合は、その業者に指値や内容変更を行ってもご希望通りにならない場合、別の業者に再度見積りなどの方法をご相談して決め、業者と請負契約をして頂きます。契約書は、事前にミタス 一級建築士事務所がチェックし、ご説明し、有利なように内容を変更させます。

工事にあたり、監理はどの設計事務所よりも厳しく、頻繁に現場に足を運んで行うのが特徴です。顧客の嗜好によりインテリアコーディネーターが提案ボードを作成して、打ち合わせしながら決めていきます。

新築、リフォームのいずれも可。工事は、見積もりをチェックし、納得できる価格に抑えるよう業者とも交渉します。

工事中、新築では数百枚写真をミタス 一級建築士事務所で監理しながら撮っていますが、完成後には、整理して100~300枚程度に抜粋してお渡ししています。

2 住宅の購入や契約について事前アドバイス

建て売りや建築条件付、注文住宅の場合でも建物、契約書、設計図書のアドバイスや指導を致します。不動産の重要事項の説明のチェック・中古購入・別荘も可能です。

契約後のご相談で、後悔される方が非常に多いです。瑕疵保証期間があるからと安心せずに、可能な限り契約前にご相談下さい。

契約前なら有効な対策や選択肢が多いのですが、契約後では非常に不利な立場になるとお考え下さい。前 例えあなたの言い分が正しくても、そのことを相手に承諾させることは、簡単ではないからです。

3 見積書・仕様書・図面を含む契約書のチェックとアドバイス

見積書、仕様書、プランについての具体的なアドバイスと指導。工事内容は同じでも、建築基準法では決められていない内容で事前に指導しなければ防げない構造的な内容があります。本当に良質な住宅にするためには、このチェックと指導が不可欠です。追加金額を最小にする、僅かな追加でより良質にするといったアドバイスも致します。

4 住宅の工事中検査と業者への事前指導・手直し指示・建て主への報告と報告書提出

工事中のチェックは、専門家でなければわからない点が多いのですが、一番良いのは、事前に業者に確認と指導を行っておくことです。単発でのチェックも行います。様々なパターンが可能です。

5 住宅完成時・入居後の検査

完成時や入居後の検査を行い、問題点は業者にも説明します。

6 無料建築パトロールによる工事チェック

通常の検査とは異なり、日時を決めず、チェックを行うものです。横浜市内に限定します。必ず、見に行くお約束はできません。専用申込フォーマットでどうぞ。( 現在休止中です )

7 住宅リフォーム、耐震補強のアドバイス・提案・設計・工事監理

住宅リフォームは、新築以上にいい加減な業者が多いものです。設計や見積、契約チェック、工事検査、アドバイス等すべて行います。工事時の解体時によるチェックで正しい工事を選択できるよう指導します。

耐震改修や診断も、金具を売るための高額で無駄な工事であったり、いい加減な工事が多いです。新築以上に難しいのが、リフォーム工事なのですが、依頼する方も依頼される業者や職人も安易に安易に考えすぎなのが、住宅リフォームや耐震補強工事です。

8 住環境研究会の運営

現在は、ミタス 一級建築士事務所の清水 煬二のユーザーの方のみ対象。住宅研究と情報提供や無料アドバイス、仕入先指定で金額を抑えます。

9 マンションの大規模修繕検討時のアドバイスとチェック

大規模修繕工事において、業者への依頼の仕方、工事項目のチェックや入札の方法などアドバイスしていきます。工事監理や工事チェクも可能です。

10 講習・セミナー等の講師

一般ユーザー向け、プロの業者向け、工務店向け のいずれも可

費用について

1 新築住宅の設計と監理 工事代金の12~18%
2 住宅の購入や契約について事前アドバイス 10万円
3 見積書・仕様書・図面を含む契約書のチェックとアドバイス 30万円
4 住宅の工事検査と業者への事前指導・手直し指示・建て主への報告と報告書提出 50万円
5 住宅完成時・入居後の検査・写真付き報告書 20万円
6 建築パトロールによる工事チェック(現在休止中) 無料(限定)
7 住宅リフォームの設計と監理 工事代金の15~20%
8 住環境研究会の運営・勉強会・セミナーの開催 無料
9 マンションの大規模修繕検討時のアドバイスとチェック 30万円~
10 講習・セミナー等の講師 30万円~50万円※但し公共性があり営利目的でなければ交通費のみで可

パック制のコース料金

1 戸建住宅の完成検査・中古住宅の購入時検査
(検査内容はその場でメモ書・署名をし、業者や建主に説明)
    別途正式な報告書提出が必要な場合は別途費用となります。
84,000円
2 マンションの完成検査(個人所有部分・他は上記1と同じです) 63,000円
3 戸建の工事中の検査パック
  施主打合+図面確認とアドバイス+業者事前打合+業者工事中打合+
  検査・再検査12回以上+300枚以上の工事写真報告書
  事前に注意事項を業者と打合わせ、検査を行います。

検査6回の検査パック、304,500円 もあります。
630,000円
4 建築条件付や注文住宅の契約書及びプラン事前チェックと
   プランアドバイス
525,000円
5 簡易設計監理
(遠方で監理回数が少ないの場合、細かい意匠にこだわらない方で 詳細図など不要などの 特殊な場合)
2,000,000円

※いずれも消費税は含む・神奈川県外の交通費・出張費等は別途