ホーム>スタッフブログ>ミタスブログ

ミタスブログ

軽量鉄骨造の増築

軽量鉄骨の増築について、相談が時々あります。
 
まず検討すべき大切なことは、
 
通常に構造計算された住宅か、
ハウスメーカーのプレハブで構造計算書がない住宅か
 
に分けて考えます。
 
この相談を受けた時は、
 
プレハブ認定で構造計算書がないハウスメーカーの建物に2階部分などの上階に
増築希望の場合は、そのハウスメーカーに依頼して検討してもらうこと
 
ということです。
 
その理由は、私のブログ専用ページに詳しく述べました。
 
 
2階に増築が無理な場合は、上階にではなく1階に増築とか改築などで解決でないかなど、
別の考え方を検討してアドバイスしています。
 
軽量鉄骨造2018425102844.JPG
▲▼柱や梁だけでなく、ブレースというタスキ掛けの鉄棒は改築でも
むやみに取ってはいけません。
軽量鉄骨2018425103025.JPG
 
 

ミタス一級建築士事務所の制振装置について

ミタス一級建築士事務所では、住宅の制振装置については、採用する場合としない場合があります。

免振装置は、木造においてはメリットだけでなくデメリットも多いので、どうしてもという要望が無い限り

採用するつもりはありません。

地盤の状況、平面的な形状と上下階のバランスによって力の流れ、接合部分にどの程度力が加わるか

耐力壁のバランスによって、使用するかどうかを考えます。

採用の場合、最近はドイツメーカーか日本メーカーの油圧式です。短いタイプと長いタイプがあります。

住宅用制振装置201842410621.JPG

▲短いタイプ

 

住宅制振装置201842410718.JPG

▲長いタイプ

 

下記の専用ブログに、もう少し写真とコメントを入れてあります。

https://blog.goo.ne.jp/mitasu/d/20180424

 

 

既存サッシを断熱サッシに変える工事

本日、断熱サッシに変更した現場の完了確認してきましたものです。

サッシ交換には、

1 既存サッシを壊して完全に撤去してから交換する方法(外壁補修や防水に注意)


2 カバーリング工法といって、既存サッシの障子とガラスだけを撤去して
  既存のサッシ枠はそのまま残し、新しいサッシを内側に被せる方法(マンションやビルでは、昔からこの方法)

3 既存サッシはそのままで、内側に新しい内窓用サッシを付けて2重サッシにする方法(断熱性も防音性も、より有効になります。開閉が2か所になるので少し面倒)

の3つがあります。

カバーリング工法と2儒サッシの工法を写真で紹介します。

断熱サッシ掃き出し2018421163311.jpg

▲▼掃き出しの断熱サッシ取り付け工事中です

断熱サッシ工事中2018421163745.jpg

 

断熱サッシ完成2018421163415.jpg

▲取り付け完了

 

断熱サッシ掃き出し取手2018421163535.jpg

▲重いため、大きな取っ手を付けましたが、かなり軽くスムーズに動きます

 

2重断熱サッシ2018421163940.jpg

▲両方の窓を2重サッシにしました。左は開閉可、右は通常は固定です

2重断熱サッシ開閉2018421164058.jpg

▲断熱サッシを空けたところ。網戸があり、その向こうに以前の開閉できる窓があります。

 

2重サッシ断熱掃き出し2018421164231.jpg

▲▼2重サッシ完了。白のサッシが新規、従来サッシが外側にブラウン色であり

2重サッシ断熱掃き出し201842116451.jpg

 

現在の4月下旬の季節は、暑さ寒さの差は感じることができないかもしれませんが、夏や冬には感じていただくことができるでしょう。

音に関しては、既に静かになったと、直ぐに実感して頂いています。

https://blog.goo.ne.jp/mitasu/d/20180421

上記の私の専用ブログに、別の写真とガラスなどの解説を記載しておきました。

 

 

 

 

住宅の断熱性と快適性を考える(7)

前回(6)の続きです。今回も、昔からのブログにアップしました。

https://blog.goo.ne.jp/mitasu/d/20180417

今回は、対流についてお話をしています。

窓の取り方と、天井扇のお勧めです。

下記の写真は、いずれも天井扇です。

高めの天井に付けると、エアコンを点けるほどではないときは便利で快適ですし

部屋の温度を均一にしたいときにも有効です。

天井扇2018417154130.jpg

天井扇201841715422.jpg

天井扇2018417154226.jpg

そして、都内23区の木造の戸建てで、

夏にほとんどエアコンが必要がないという

ユーザーコメントも紹介しています。

住宅の断熱性と快適性を考える(6)

前回(5)の続きですが、こちらの外部ブログに

https://blog.goo.ne.jp/mitasu/d/20180416 にアップしました。

 

今回は、輻射熱と蓄熱のお話です。

輻射熱を遮る輻射とそれを利用するためにどうするか、

蓄熱を利用すると、どのように快適になるのかを写真と説明でのお話です。

まだまだ、続きますので。

今回使った写真は、以下などです。

2018416142745.jpg

▲室内壁に天然石を使うと快適性には、どう影響するのか?

 

タイベックシルバー2018416142811.jpg

▲タイベックシルバーの良い点は?

 

大理石の玄関床2018416142849.jpg

▲玄関床に大理石を使って、どう快適性を増すか?

 

トリプルサッシ2018416142920.jpg

▲トリプルガラスの樹脂サッシ、アルゴンガス入り、LOW-Eガラス

住宅の断熱性と快適性を考える(5)

 

前回(4)の続きです。http://www.mitasu.com/blog/2018/04/4-1.php

住宅の断熱性能を表すUA値は、Q値と違って意味があると私は述べています。

しかし、同じ数値のUA値だと同じような快適性、不快性を感じることができるのか?というと

ハッキリ、ノーと答えます。

その理由のひとつに、

住宅の温熱環境だけを考えたとしても、少なくとも

熱貫流、熱伝導、熱輻射、対流の4つを最低考えないといけないからです。

少なくともというのは、温熱環境に限定して快適性を考えても、もっと他に要素があるということです。

今回から、この重要で主要な4要素のお話をはじめます。

UA値の数値が同じということは、この4つのうちの熱貫流の部分では同じくらいなんだ

という意味になります。

住宅の熱貫流というのは、外気と室内に温度差があるときに、どの程度の熱が貫通するかということです。

外気が熱い夏は、室内に熱が入ってきて暑くなります。

外気が寒い冬は、室内から熱が逃げて寒くなります。

ですから、この数値は小さいほど良いということです。

住宅といっても大きさ等がみんな違いますので、熱の量だけ比較しても意味がありませんから、

その割合を示したのが熱貫流率といい、住宅の場合、UA値で表している数値です。

ですから、UA値に意味があるのは、その住宅の熱の出入りのしやすさ、しにくさを

比較するのにわかりやすく、断熱性能を上げるとそれだけ数値が低くなるようになっています。

ですが、人間が、住宅で温熱環境で快適とか不快とか、暑い寒いと感じるのは、この熱貫流だけの要素で決まりません。

熱伝導は、熱貫流と同じようなものですが、敢えて分けています。

物体が接することによって、熱が伝わる量を示します。

大きさや条件が異なるので、割合を示すのが熱伝導率です。

同じ室温の時、同じUA値の建物の快適性は同じか?

いいえ、床材、壁材、天井材などの熱伝導率の違いでも異なります。

わかりやすい例が、同じ室温、同じUA値でも、

床材がミタス一級建築士事務所でよく使っている3センチの厚みの無垢材の室内と

合板フローリングの床材の室内では、全く感じ方が異なります。

合板フローリング2018413124611.jpg

▲床材が合板フローリングの例

 

▼床材が、厚さ3センチの無垢材の例

無垢床材2018413124742.jpg

 

どう違うかというと、合板フローリングは、冬は接した足から熱をどんどん奪うので

冷たいですし、冷えますし、不快になります。床暖が欲しくなるのはこのためです。

熱伝導率が高いため、冬は接した物体の熱、みなさんの足やスリッパの熱を奪いやすいのです。

もう一方は、熱伝導率が低いので、足が冷たくなりにくいのです。

ミタス一級建築士事務所のユーザーが、

「今までは、冬の朝に起きると一番最初に靴下を履いていました。この家では、素足のままで問題ありません。」

とコメントしていただのは、この違いなのです。

材質の違いによって生じるのは、熱伝導率の違いだけではありません。他にも影響しますが次回以降で説明します。

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

住宅の断熱性と快適性を考える(4)

前回(3)の続きです。  http://www.mitasu.com/blog/2018/04/3-1.php

住宅の断熱性能を表す数値 Q値 は意味がない、
UA値 は設計上の断熱性能を表す数値としては
意味がある、と述べてきました。
 
現実ではなく、あくまで設計上です。
 
設計上は同じUA値でも、現実には全く違った断熱性能になっている場合があります。
 
施工上の問題、すなわち工事方法が間違っている、工事方法が雑、手抜き、知らないなどなどです。
他にも要因はありますが、今回は、施工方法の違いによって、設計上は同じでも全く違う断熱性能になってしまう
可能性にについて述べてみましょう。
 
現実に、現在でも度々現場で起こっていることです。
 
一つ目は、グラスウールやロックウールの施工方法が間違っている。
 
二つ目は、断熱材の施工方法が雑だ。
 
三つ目は、断熱材が入っていない細かい部分がある。
 
ということです。
 
写真を見ていただいて説明しましょう。
 
グラスウールの正しい張り方.jpg
 
▲この施工方法が間違っているのは、多いです。
今でも、建築士、建築技術者、第三者工事検査、施工業者も知らない、興味がない、指摘しない人が多いからです。
研究機関の調査によると、この違いでなんと断熱性能が半分に落ちるそうです。
 
設計上は同じでも、工事方法で断熱性能が半分に落ちる、これは知らん顔できないでしょ?
もう15年以上も、私はこのことを訴えてきています。
 
 
断熱材雑201841210159.jpg
 
断熱材雑201841210311.jpg
 
 
 
▲雑なのは、一目瞭然ですね。窓廻りなど入っていない部分もあります。
これで現実に設計上の断熱性能が現実に確保できるのかというと、誰が見ても無理ですよね。
 
 
 
 
断熱材正しく入れる201841210451.jpg
▲僅かな隙間もここまで細かく入れるのが正しいのです。
これは、全体は現場発泡の断熱材です。
それでも、この細かい部分は、それとは別に大工さんや現場監督が、入れる必要があります。
 
これは、なかなか気づかないし、指摘されませんし、こんな面倒なことは、なかなかしていないです。
ミタス一級建築士事務所では、現場監督に事前にお願いして、職人さんに直接お話しして
細かくチェックして、不具合があればやり直ししてもらいます。
 
 
断熱材正しく入れる201841210546.jpg
 
▲▼上の写真、端の緑の部分が、隙間に断熱材を詰めてもらっています。
そのためには、下のように細かく入れる作業をしてもらう必要があります。
現場発泡の断熱材でも同じです。細かい隙間は、後でこのように入れないと入りません。
 
断熱材正しく入れる作業201841210626.jpg
 
 
なぜ、ミタス一級建築士事務所がこの点にうるさいか、というと断熱性能の問題だけで終わらないからです。
断熱性能を上げれば上げるほど、間違った気密方法を取ればとるほど、
壁体内結露が生じて構造体が腐ってしまうからです。
 
それでも、50年住宅が建っていることは可能でしょう。しかし、構造体が部分的に腐っていては
大地震が来たら、強度が不足ということになります。
 
「50年経って、大地震が来ても倒壊しない」という前提を考えると、
耐久性維持の部分でここは、外せない部分になるからです。
 
次は、UA値が良い数値で正しく工事がなされれば、同じ数値なら、同じように快適か?
という疑問について解説します。
もちろん、答えはノーですね。
 

 

 

木工事完了検査

2018年4月10日、工事中の木工事検査を行いました。

タイミングとしては、大工さんの工事が一通り終わり、

壁・天井などの仕上げ工事、設備機器の取り付け、照器器具、カーテンなどの

取り付け前に行います。

工事中は、大工さんと現場で一番打ち合わせをしますし、話もするので

現場にいなくなるというのは、私的にはちょっと寂しい気もするのです。

木工事完了.jpg

▲壁や天井は石膏ボードです。石膏ボードや、下地、ビスの状態なども確認します。

大工さんが行う、造り付け家具やカウンターなども取り付け終了です。

大工さんがいなくなってから、検査して手直しが発生すると、

また呼ばないといけませんから、最後の日などに行って確認です。

終わっていない箇所は、大工さんに確認しておきます。

 

今回は、通常行わない私が考えた簡単なアイデアを行うために

ホームセンターで仕入れたいくつかの部品と、その取り付け方法を

大工さんtと現場監督に説明しました。

この部分は、完成してからお知らせしましょう。

 

住宅の断熱性と快適性を考える(3)

前回(2)の続きです。http://www.mitasu.com/blog/2018/03/2-2.php

住宅の快適性を考えると、断熱性能がキーワードのひとつになることは

誰でも納得しやすいですね。

 

ですが、正しく理解され、それが住宅に反映されていることが大切ですが、

訳のわからない数値でごまかされている、というのが実情なのです。

正しく知っていただくために、長くなりますが引き続き基本説明をアップしています。

 

今回は、C値についてお話しします。

C値が低ければ、隙間の割合が少ない、気密性が高いということになり

そうすると熱効率が良くなりコントロールがしやすくなるという理屈です。

関東以南では、2.0以下を求められます。

ですが、これは普通に作っていればクリアできる数値のはずです。

これより大きな数値となると、工事方法が間違っているか、最初から考え方が違うか

のどちらかです。

正しく造れば、気密性を意識しないでも1.0くらいにはなります。

わかりやすく数字をもっと凄い数値にするために、「0.5だ出た!」「0.2だ!」と数値だけを求めて競っている場合があります。

ドイツの基準では、0.2以下なので、それを目指すことは悪いことではありません。

でも、ドイツの外壁は、木造でも36センチとか30センチ以上の厚みがあります。

普通に正しく工事をしていれば、可能な数値です。

日本でも0.2以下を目指すことは良いことなのですが、日本では気密性の取り方が間違っているのです。

Q値やUA値は設計上の数値でしかありませんので、実際にはどういう断熱性能になっているのかは、わかりません。

工事方法が間違っていたり、雑だったら設計以上の断熱性能になっていません。

半分くらいに下がっている場合も、よくあります。

気密測定.jpg

   ▲気密測定器をセットしました。

 

しかし、C値は現場で測定するので、設計とは関係なく個別に出てくる数値です。

数値を小さくするのは良いのですが、問題はその気密性を取る工事方法が間違っていることです。

日本の住宅技術者、建築家や建築士は、こういう点をあまり考えませんし、勉強しようとしません。

もし、北米の住宅の工事方法をしっかり学んで、その違いと理由を理解したら、

現在の日本の住宅の造り方が、断熱、防湿、結露に関していかに無知であるかがわかるはずです。

気密性を取るために、すなわちC値をアップするために、日本で行っていることは

外壁下地合板などにシーリングをして気密を取っています。

その方法が気密性を取るために、最も簡単にできる方法だからです。

これが大きな間違いなのです。

これでは、壁体内結露を誘ってしまいます。

気密性を取るのは、外壁の下地ではなく、

石膏ボードの外部側に使用する防湿フィルムで取らないといけないのです。

カナダでは、外壁合板下地に隙間を明けて張ります。隙間の空かない場所は、穴を開けています。

C値の最小化を求めて自慢している日本の建築技術者、建築士、建築家の多くと真逆のことをしているのです。

日本の工事方法では、必ず受けなければならないカナダの検査に合格しません。

なぜなら、有り得ない間違いをしているため、壊してやり直しを命じられます。

日本では、第三者検査でもノーチェックというか、方法についてのコメントも判定も指導もありません。

理由は、検査をする立場でも求められていないので、知らないからです。

「断熱性能の良い住宅は、健康に良い。気密性も重要だ」と訴えている住宅メーカーであっても

本質をわかっていないのが残念です。

 

なぜ、これにこだわるかというと、

断熱性能を上げれば上げるほど、防湿を考えなくてはいけません。

気密ではなく防湿です。

そして、間違った方法というのは、気密性を取って喜んでいるのですが、

防湿を妨げているので、家のためには良くないことをしているからです。

木造であれば、やがて腐る箇所が出てきますし、鉄骨造であれば錆びます。

耐久性に問題を生じるからです。

 

一般の人には難しいでしょう。

一級建築士でも、この意味を理解できる人は少なく、工事業者ですとさらに少ないです。

昭和48年のオイルショックで、日本の住宅でも断熱材を入れるようになりました。

ですが、断熱材を入れればいいんだろうとグラスウールを押し込んだのですが、

その製品の製作方法も間違っていて、工事方法や入れ方まで間違っていたために、

いるいろ問題が起きましたが、気付いたのは、東北地方以北や寒冷地だけでした。

関東以南の隙間だらの家は被害を受けなかったのです。

 

ですから、寒冷地の住宅では意識していますが関東以南では、意識していないのですが

こうして高気密高断熱にした場合は、関東以南でも問題が生じるので、指摘を続けています。

 

次回(4)は、断熱性能が設計上と実際とが、工事方法によってなぜ異なるかについてお話しします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅の断熱性と快適性を考える(2)

前回(1)の続きです。http://www.mitasu.com/blog/2018/03/1-2.php

住宅の断熱性能を表す数値にQ値があります。

以前は、このQ値だけが使われていましたが、当初から「Q値の比較は意味がない」と主張してきました。

その理由は大きく2つあります。

建物は2次元の形状が様々ですし、3次元の形状も様々です。

Q値は平面形状や立面形状を完全に無視していて、単に平面的な大きさだけを考えての比較だからです。

住宅は単一形状ではありません。

平面的にも立面的にも様々なので、本来の性能比較とは違った数値が出てしまうからです。

この数値の定義が、そもそも3次元の住宅に適していないので、意味がないと述べてきました。

 

ふたつ目の理由は、換気設備などの熱環境の性能だけに注目して数値をゆがめるからです。

建物そのものの断熱性能ではなく、設備で大きく数値が動くからです。

建物そのものの断熱性能を上げるより、設備で上げる方が簡単なのでそれを使って安易にQ値をあげようとします。これでは、Q値が良くても快適な住宅とはいえないのです。

その理由は、シリーズの最後まで読まないと正確にはわかりません。

前回の最初に述べた、温熱だけをとっても伝導、対流、輻射で考えないといけないからです。

しかも、この設備には温熱環境以外で欠点があるのです。

住宅の快適性を考えていくと、温熱環境以外の他の要素も大切になってくるのです。

この点でも設備選択には注意が必要ですが、Q値を良くするために無視されています。

 

現在、ようやくQ値だけでなくUA値も性能の条件に入ってきました。

UA値は、設備に左右されずに建物の断熱性での比較であること、

さらに3次元の建物形状を考慮した定義ですので、これは設計上での比較においては

意味がある数値になります。但し、あくまで設計上です。

この意味は、近いうちに説明します。

次回は、もうひとつのC値について、何が問題かを述べましょう。