ホーム>スタッフブログ>ミタスブログ>台風続きで対策をしっかりと
ミタスブログ

台風続きで対策をしっかりと

2018年9月30日から10月1日の未明にかけて、関東地方を通過した

台風24号の風力は久しぶりに凄かったです。

夜中の12時から3時まで、NHKをの台風状況だけを観ていました。

一夜明けて確認に行った現場では、南風を遮る建物がなく、

強烈に当たるので養生シートをたたんでいても足場が大丈夫か心配になるくらい

風が強かったです。

 

2018102181758.jpg

▲養生ネットをたたんでいたので、大丈夫でした。

サッシも入ったので、内外とも風雨の影響はなかったです。

 

今度の週末も、猛烈に強い25号がやってきそうです。

サッシが一部入っていない場合は、強い台風の場合

屋根が飛ぶこともあるので、事前に合板などで塞ぐ方が良いです。

 

基礎の段階でも、型枠の残材や型枠をばらして現場で積んでいる状態はいけません。

 

ビルの外部足場で、養生ネットでなく養生パネルを張っている場合、

外すのに手間が掛かるため、そのままにしていた現場は、

前回も今回も被害を受けて倒壊した映像が流れました。

 

皆さんは家の耐震性を気にされる方は多いですが、

風圧力の方が強くて、耐震の基準は満たしているけど、

風圧力は満たしていないので、筋交いや耐力壁を増やさないといけない

というパターンは、実は半分くらいあります。特に都心では、多いです。

風圧力を軽く見ない方が良いのです。

 

物が飛んできて、ガラスが割れた場合、

ペアガラス、トリプルガラスの場合は、工場に寸法を指定して製作注文しないといけないので

単板ガラスのようにガラス屋さんが現場へ行って、

その場で寸法をカットして交換ということができません。

そのため、応急処置をして、寸法を測って注文し納入まで待つことになります。

 

台風24号、残念ながら被害もありお亡くなりになられた方もいらっしゃいましたが

台風25号で被害がないことを祈るばかりです。

気を付けてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mitasu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/288