ホーム>スタッフブログ>ミタスブログ>宅地の地中埋設物に注意(1)
ミタスブログ

宅地の地中埋設物に注意(1)

2018727111047.jpg

▲建て替えで、根伐という基礎のための掘削をしていると

 

2018727111144.jpg

▲地中埋設物(左上角のコンクリート、斫ってもらいました)

が出てくることがあります

 

現場で作業中をしていときに発覚します。

本日も連絡を受けて、現場へ確認にいきました。

問題の少ない量と場所だったので、その場で斫って対応してもらいました。

 

建て替えのときに、本日だけでなく過去にも何度もあります。

みなさんが土地や中古住宅を購入しての建て替え、

ご自身の家の建て替えの場合、この地中埋設物に対しての防除策があります。

今回は、ご自身の家の建て替えの場合です。

その場合の防衛策を最初に述べましょう。

建て替えですから、まず解体工事を行います。

その解体工事業者を、少しでも安いところを探して頼む方法もありますが

今回のように埋設物が出てきた場合、工事がストップし、

工程も変わり撤去費も新に掛かり大変です。

 

解体の費用は安いところに頼むにしても、

本体の工事業者経由で依頼することと、

事前に念押しをすることが大切です。

本体の工事業者が高い場合は、値引き交渉をします。

 

家財道具がものすごく多くて、その処分費が高いため、

一度、すべて分離発注して、家財道具の処分なども専門業者に依頼し

運び出しも作業員を何人も直接雇い、産廃専門業者に運んでもらい

私が陣頭指揮をとって手伝いながら

コストカットすることにしました。

 

最後に集計してみると

解体の費用は、結局追加が発生し、ほとんど変わりませんでした。

私が何日か時間を取られ、体力を使った甲斐がありませんでした。

 

話を戻して、本体経由の解体業者に

これまでの深さまでのものはカットしておいて欲しい

と頼んでおくのです。

もし見積に入っていない場所から出てきた場合、追加の費用は取られますが

リーズナブルな金額で済みます。

 

今回は、建物の下部ではなく、ポーチ部分の下部で想定していない場所から

コンクリート基礎のようなものが出てきましたが、

 

解体工事もお願いしているのと

それほど大きなものではなかったので、

基礎工事の職人さんがその場で斫ってくれました。

 

解体工事を別途にしていると、追加費用はもちろん取られますし、

金額的にも、やはり余分に掛かります。

工事がストップして、別の業者が撤去処分となると

金額だけでなく、日程も掛かってしまいますので。

 

長くなったので、不動産を購入した場合の対策は、次回に述べましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mitasu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/280