ホーム>スタッフブログ>ミタスブログ>大阪北部地震
ミタスブログ

大阪北部地震

今朝の 2018年6月18日 午前7時58分くらいに大阪北部で地震がありました。

震源地は震度6弱とのことで、震度6以上になると建物に被害がでます。

弱いブロック塀が倒れたり、外壁が落ちたり、季節によっては火災が増えます。

さらに新耐震と旧耐震の違いなど、

ミタスの専用ブログの方にアップしたのですが、

その後の情報で、小学校のプールサイドの塀が倒れて小学生が死亡した

とのニュースが流れました。画像を見る限りでは、しっかり造っていれば、

これは避けられたはずです。

かわいそうでなりません。

ニュースの画像を見る限りでは、ブロック塀のように見えます。

しかも、これだけの高さと長さにかかわらず、控え壁が見当たりません。

画像からは、最低8段の高さのブロック塀が倒れています。

この場合控え壁が必要になる可能性があるのに、それが見えません。もしかしたら違反かもしれません。

このブロック塀は、構造的に成り立っていないのではないかと思いますし、

ギリギリOkだったとしても、道路側からはかなり高く、これだけの長さなので

地震時に倒壊しないように補強すべきです。まともな建築士が見れば、誰もがそう思うでしょう。

私が写真を見た限りの個人的な感想ですが、

もしそうなら、それが公立の小学校の塀だったというのが信じられません。

通常のブロック塀であったならば、補強するかカットして造り直していれば防げたと思います。

みなさんの自宅にもブロック塀があるなら、注意してください。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mitasu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/275