ホーム>スタッフブログ>ミタスブログ>明らかな間違いに気付かないのは、
ミタスブログ

明らかな間違いに気付かないのは、

2017年10月25日(火)の朝のテレビで、

「日本の携帯が毎年550万台破棄され

そこに入っている金の量が165トンもある。」

という文字表示と説明があった。

車の信号で止まったときに見た文字表示で、

時間も短かったので、「えっ、そんなに入ってる?」と思って

運転しながら暗算で計算してみたが、やはり有り得ない数字だった。

見間違いか、聞き違いかなと帰宅してタイムシフトで確認してみると

やはり、そのようにコメントと表示をしていた。

有り得ないと思うのは、その数字が本当なら、

「携帯1台に含まれている金が30グラム」となってしまう。

破棄されていない携帯を含めると、世界中の金を

携帯だけに使っても間に合わないということになるだろう。

 

こんなコメントをわざわざするのは、建築の世界でも

「これは、明らかに間違っている」と構造で思うことがときどきあるからだ。

建築確認申請で、木造の筋交い計算書を添付していた時代があった。

図面に書かれた筋交いの少なさに、「これは有り得ない」と

計算書を見ると、途中で数字のゼロを一桁間違って多くしていた。

その計算で確認申請はOKとなっていた。

 

最近でも、依頼された耐震診断で確認申請を出してもらったら

同じようなことがあったが、

計算間違いというより、そもそも地震力や風圧に対して

建築物がどのようになっていなければならないか

という根本的で基本的な理屈をわかっていないゆえの間違いだった。

 

そういう理屈や理論をわかっていると、

ひとめ見ただけでおかしいと思う構造上の間違いなのだ。

建築確認申請書でチェックされて、それでOKが出てしまったのも残念だが

おかしいと思いながら確認しないと見落とすのかもしれない。

 

現在は、コンピューターを使っての計算が多く

理屈がわかっていなくてもインプットすれば答えがでてくる。

なおさら、理論がわかっていないと

とんでもない間違いを起こしていても気付かない。

ミタス一級建築士事務所でも、スタッフを全員集めて

私が何度か事務所で構造の勉強会を行ったことがあった。

「ここは、一番重要だから」と理由や数字の根拠を教えても

次回、質問しても覚えていなかったりする。

同じことを3回教えて、6人のうちの2人がやっと正解ということがあり

構造の勉強会を止めにしたことがある。

知らなくても作業はできるので、

構造に関しては、全て最終確認を私が行うようにしている。

そこに意識がない、気にしていない、興味がないと

無理に教えても頭に入っていかないからだと思うが

重要なことは、数字の根拠や理由、理論を知っておかないと

明らかにおかしい、ということでも疑問に思わないというのを、

怖く感じた。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mitasu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/238